Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:704605

2007-10-08随分と不器用だね

『ゼロの使い魔 7 銀の降臨祭』 ヤマグチノボル MF文庫 『ゼロの使い魔 7 銀の降臨祭』 ヤマグチノボル MF文庫 - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『ゼロの使い魔 7 銀の降臨祭』 ヤマグチノボル MF文庫 - あるふぁの本棚 『ゼロの使い魔 7 銀の降臨祭』 ヤマグチノボル MF文庫 - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

ゼロの使い魔(7) (MF文庫J)

ゼロの使い魔(7) (MF文庫J)

★★★☆☆

地上軍をなんとか、アルビオンに地に下ろした、トリステイン=ゲルマニア連合軍

さしたる抵抗もなく、進軍を続けるのだが

進軍に伴う開放した街の住民への手当てが負担となる

この辺のやりとりって銀英伝にもあったよな

今回、この世界の住人で貴族である、ルイズたちと才人の間の戦う理由の温度差

貴族が貴族として生きるためには、貴族を存在させるための建前が必要である

その建前のために貴族たちは貴族として戦う、それが、建前であろうと、いや

建前であるためにこそ、戦う

才人の感覚は現在の読者の感覚に近いものだろう、今、この国で建前のために

命を懸けるものはそう多くはいない

同じこの世界の住人であっても、戦いに巻き込まれる立場のシエスタの感覚は

才人と近い、このあたりは微妙な感じがしないでもないが、物語の上で才人の

味方がいないとね

そんな彼も、建前のために戦うことには疑問を感じても

守るべきものためには、気がついてしまったものとして

戦いに挑むことには、なんの躊躇もない

ちょっと格好いいぞ

この世界の根底にある仕掛けがようやくその姿を見せ始めた感じです

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20071008
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |