Hatena::Groupbook

あるふぁの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

bookグループキーワードの検索  
ブログブクログ私はこんな本を読んできた(2004/10/30:更新)本好きへの100の質問の回答
2004/5/11AM10:30よりカウント:704877

2007-07-28いや、おまえは、話をややこしくするのがうまいからな

『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一』 夢枕獏 徳間ノベルス 『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一』 夢枕獏 徳間ノベルス - あるふぁの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一』 夢枕獏 徳間ノベルス - あるふぁの本棚 『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一』 夢枕獏 徳間ノベルス - あるふぁの本棚 のブックマークコメント

沙門空海唐の国にて鬼と宴す〈巻ノ1〉 (トクマ・ノベルズ)

沙門空海唐の国にて鬼と宴す〈巻ノ1〉 (トクマ・ノベルズ)

★★★☆☆

2004年にハードカバーで出たやつがノベルスに落ちました、ノベルス版も全4巻

舞台は、その栄光の輝くをたもちつつ、世の中にはいろいろほころびが見え始めたころの唐の都 長安

倭から遣唐使船にのってこの地について留学僧の空海と同行した儒学生の橘逸勢

この二人の科白はどっかできいたような

清明と博雅じゃないか、この二人

ただ舞台はこっちの方が何倍も大きく自由に広がってゆきそうではありますが

空海が長安にたどり着くまえより、この街では、いろいろ異変の種がまかれていたようで

猫につかれた役人の女房、畑から夜な夜な聞こえる囁き

このあとばらばらの怪異がどのようになってゆくかは、次回以降のお楽しみということでしょう

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/jinc/20070728
カレンダー
1000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1001 | 01 | 02 | 03 |
1997 | 01 | 07 | 08 |
1999 | 07 |
2001 | 03 | 08 | 11 | 12 |
2002 | 03 | 06 | 07 | 11 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 09 |
2009 | 01 | 05 | 12 |
2015 | 07 |