Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |

2006-2-23

[]ネクラ少女は黒魔法で恋をする (MF文庫J) 著:熊谷雅人 絵:えれっと

第1回MF文庫Jライトノベル新人賞佳作受賞作。評判通り、文句なく面白かった! タイトル通り、主人公の『ネクラ』さは結構リアルに書けているんだけど、心理描写がコミカルなので読んでいて暗くならない、その絶妙なさじ加減にまず引き込まれる。そして主人公の変化を丁寧に書いているところもポイント高し。周りのキャラもイキイキしていてなかなか。演劇部の面々はもちろん大河内といい妹といい良キャラ揃い。タイトルはイロモノっぽいけど、至極真っ当な青春小説だよね、これ。そしてそんな真っ当な小説らしく展開は先読みできる……と思ってたらオチは予想外でびっくり。でも捻りは利いているし綺麗に終わっているしでこれは逆に嬉しい。後書きにシリーズ化するみたいなこと書いてあったけど、ここからどう続けていくの……? そもそも悪魔はもういなくなっちゃってるわけだし

とまれ、青春小説の良作なのは間違いなし。ただ、発行はMF文庫Jだけど、どちらかっていうとコバルト系だと思った。少女小説っぽいかな。初々しい初恋にドキドキしたり、一人の少女の変化に爽快さを感じたい人は是非。そうでなくてもオススメ

 評価:★★★★