Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |

2006-2-23

[]The MANZAI 1 (ピュアフル文庫) 著:あさのあつこ

ピュアフル文庫第一号はあさのあつこ文庫化。……あー、踏んだ。まさかあさのあつこで踏むとは思わなかった。タイトルにもなっている漫才がすごく寒いのは、中学生メインだから……、ということを考えればまだ良い。問題なのは何もかもが中途半端だと言うこと。主人公の内面の問題といい、他の人との青春といい、そして漫才といい、どれも書き方が好きになれないし結局どれをやりたかったの? と言いたくなる。多分、中学生青春が書きたかったんだろうけど、それだと一々挟む腐的なノリがうっとうしい。いやこれ別にそういうノリいらないよね? ってところで挟まれるから読んでいてイライラ。っていうかあさのあつこって別に『少年』の書き方が上手いわけじゃなくて、腐女子妄想する、現実にはいないような少年を書いて、それが読者に受けているだけだと思った。私も腐女子だけど、……ごめん中学生ストライクゾーンから外れます。それ以前にうじうじして反発してばかりの主人公萌えとか共感とか無理だ。

そもそも題材の漫才自体、リズムやら雰囲気やらが大事なものなので小説にするのはほとんど無理なんだなということが分かった。中学生男子二人の狙いまくりな関係に萌えられる人なら面白いんじゃないかな? 私は全く肌に合いませんでした。

 評価:★

2005-12-27

[]バッテリー (4) (角川文庫) 著:あさのあつこ

バッテリー4巻。3巻で期待していたほどではなかったけど、十分面白い。待ちに待っていた巧の挫折・バッテリーの危機、という展開で、盛り上がらないわけがない。要所を押さえた心理描写の力も落ちてないし、新キャラも続々登場している割にはちゃんと書き分けが出来ていて好印象。しかし、1巻の時から思っているけどすごく腐臭がきついような……。個人的にはまるマよりもきついな、と思うのは私が腐女子だからでしょうか。まあ、それが面白さを落としているわけでもないのでいいか。あと残すは2巻のみ。正直どんな風に終わるのか全く予想できていないんだけど、期待して待ってます。でもこのシリーズ文庫落ちするのが遅いんだよね……。

 評価:★★★☆

2005-6-14初めてなのに一気に更新。

[]バッテリー 3 (角川文庫) 著:あさのあつこ

部活動禁止を宣告されてから数ヵ月、巧はくすぶったままだった。夏休みが終わって部活動が再開すると、強豪横手との練習試合を取り付けるために戸村監督レギュラー対1,2年の紅白試合を企画する。今年一月に完結した同名シリーズの三作目。

野球ものとはいっても、登場人物の心理描写に重きを置いているのでその方面に疎くても充分楽しめる。今回は前巻のようなシビアな展開が続くわけでも話が進むわけでもなく、次巻へのつなぎといった感じ。いわゆる“タメ”の状態。ただ、全く進捗が無いかといえばそうでもない。今までは巧の物語だったのですが、ようやく゛バッテリー゛巧と豪の物語になったかな。とりつく島もない巧にもようやく愛着が湧いてきたし。書き下ろしの短篇は普通にいい感じ。青波視点はろくになかったからなぁ。

次からいよいよきつい展開になりそうな感じで続きが待ち遠しい。文庫が出るまで気楽に待ちます。

 評価:★★★☆

konbuzykonbuzy2005/06/16 15:12お久しぶりです、happyさん!
こちらの方に読書感想は移されたのですね。
またちょくちょく見て参考にさせていただきます。
よろしくです☆

happy_dayshappy_days2005/06/19 02:44またまたどうもです☆
色々思うところあって移しました。いや、深刻な問題とかは全くないのですが。
ともあれ、以後もよろしくです。