Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2006-2-23

[]The MANZAI 1 (ピュアフル文庫) 著:あさのあつこ

ピュアフル文庫第一号はあさのあつこ文庫化。……あー、踏んだ。まさかあさのあつこで踏むとは思わなかった。タイトルにもなっている漫才がすごく寒いのは、中学生メインだから……、ということを考えればまだ良い。問題なのは何もかもが中途半端だと言うこと。主人公の内面の問題といい、他の人との青春といい、そして漫才といい、どれも書き方が好きになれないし結局どれをやりたかったの? と言いたくなる。多分、中学生青春が書きたかったんだろうけど、それだと一々挟む腐的なノリがうっとうしい。いやこれ別にそういうノリいらないよね? ってところで挟まれるから読んでいてイライラ。っていうかあさのあつこって別に『少年』の書き方が上手いわけじゃなくて、腐女子妄想する、現実にはいないような少年を書いて、それが読者に受けているだけだと思った。私も腐女子だけど、……ごめん中学生ストライクゾーンから外れます。それ以前にうじうじして反発してばかりの主人公萌えとか共感とか無理だ。

そもそも題材の漫才自体、リズムやら雰囲気やらが大事なものなので小説にするのはほとんど無理なんだなということが分かった。中学生男子二人の狙いまくりな関係に萌えられる人なら面白いんじゃないかな? 私は全く肌に合いませんでした。

 評価:★

 |