Easy Reading

(非)日常(通常の日記)へ
鴉とオレンジ(HP)へ
2005 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
 | 

2006-2-13

[]哀しみキメラ (電撃文庫) 著:来楽零 絵:柳原澪

第12回電撃大賞金賞受賞作。あらすじを読んだ時はまさか退魔師ものだとは思わなかった。根幹となるストーリーは面白く、後半はその展開に目が離せず、多分作者もストーリーメインにして書きたかったんだろうな、というのは伝わってくる。でもそのストーリーを他の要素がダメにしている。最たるものはキャラぶっちゃけ言う男三人もいらないよね? それくらいキャラの書き分けが出来てない。最初のエレベーターのシーンなんか誰が誰だか分からなかったもの。そして全体的に描写端折りすぎ。そのせいで、四人(特に綾佳)の言う家族』が非常に薄っぺらく思えて仕方なかった。もっと重厚に書けていたら傑作になれただろうに。

一言でいうと、すごくもったいない作品。でも、地力はありそうだし、まだ伸びる余地は十分にあると思うので、こなれてきたら傑作を書きそうな予感。しかし、これをシリーズ化するのは無理あると思いますよ。

 評価:★★★

 |