香雪読書録 RSSフィード

yukattiのこつこつ読書録&ブックリスト このページをアンテナに追加!

0000 | 00 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2005 | 04 |

2005-04-12(Tue)

『世界の終りとハードボイ

[][] 村上モトクラシがはてなでも始まった!  村上モトクラシがはてなでも始まった! - 香雪読書録 を含むブックマーク

なんとはてなダイアリーでも「村上モトクラシ」が始まった!という大衝撃大興奮(ファンです*1)。正確には村上春樹の新刊などに関する情報を更新する「村上モトクラシ」(http://www.shinchosha.co.jp/murakami/main.html)のなかの一コンテンツとしてのもので、さらに純粋には人力検索サイトはてなとのコラボというかアンケートの補助的なブログ、という位置付けのようだし、もちろん書き手が作家ご本人じゃないのが残念ですが*2

村上春樹のこれまでのウェブ(村上朝日堂など)のやり方は基本的には

  • 読者とのやり取り
  • 時系列でのお知らせ・日記など

といった感じだったから、「きっとブログで展開するようになる」っていうような意見(期待論?)がネット内ではちらほら言われていたのだけど、まさかそれがはてなダイアリーで始まるとは……!

[][][][][][][][] 村上春樹わたせせいぞう、わがふるさとは坂の下に海があるまち――『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ハートカクテル』をめぐる雑感  村上春樹、わたせせいぞう、わがふるさとは坂の下に海があるまち――『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ハートカクテル』をめぐる雑感 - 香雪読書録 を含むブックマーク

には村上春樹をめぐるなんだか素敵な秘話が。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫) 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫) わたしが本格的に村上春樹*3の作品を読むようになった直接のきっかけは予備校時代の体験で、d:id:yukatti:20040121#20040121f3に書いているとおり。

それで最初にじっくり読んだのが『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』?新潮社、1985、単行本新装版ISBN:4103534109*4の初版単行本。ピンク色の箱の分ですね。d:id:yukatti:20041129#1101702836に書いたおぼろげな記憶はやはり正しくて(この前実家でチェックした)、やっぱりちょうど18歳、予備校生の夏だった。汗をたらたら流しながらベッドに寝っ転がって夢中で読んだのを覚えている。当時は「ワンダーランド」が自分の心象風景に似ていることと、音楽の力のカタルシスにノックアウトされたんだった。最近はそれ以上に「ハードボイルド」の「私」のことばにひかれる。

ハートカクテル (1) (講談社漫画文庫) チョーク色のピープル (角川文庫―わたせせいぞうコレクション) その18,19だったちょうど同じ頃、わたせせいぞう?http://www.apple-farm.co.jp/)の『ハートカクテル?』や『チョーク色のピープル』?などにもはまった。わたせせいぞう氏は神戸市生まれ門司育ちである。彼の描く海や坂のあるまちは、自分の中にある「美化したふるさと」の姿であり、理想のまちであった。その理想をわたしは今もどこか追い求めているのかもしれない。部屋の窓から遠く海が見えると落ち着ける。海がないまちだとどうしても落ち着けない。

神戸 神戸市役所展望ロビーから北側。錨山、市章山が見える。 村上春樹が彼の育った街として語るときの「神戸」はかろうじてわたしも子供時分に間に合っているので、彼が懐かしがっている風景はわたしのそれと共通しているところがあるなあと思える。それがなんだかうれしくもあり、悲しいような――こちらの勝手な思いこみだろうけど、ある種の痛みを共感している、という思い――気もしている。

村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 ★★★★★

わたせせいぞう『ハートカクテル』シリーズ*5 ★★★★☆(人によっては甘さがあわないかもしれません) 『チョーク色のピープル』★★★★★

*1:ミーハーな反応ですみません。

*2:灯台守さんすみません。

*3村上春樹…はてなダイアリーキーワード「村上春樹」も参照のこと。

*4村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』…はてなダイアリーキーワード「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」も参照のこと。

*5わたせせいぞう『ハートカクテル』シリーズ…amazon:わたせせいぞう ハートカクテル

takamine_ktakamine_k2005/11/14 23:51ハルキリングの登録、ありがとうございます。
こう言ってはなんですが、yukattiさんのダイアリーの方が
興味あったりして…関係ないですね、ははは。

yukattiyukatti2005/11/15 00:37あ、どうもよろしくお願いします。やっぱりダイアリーの方がいいのかな……ここ更新できてないですもんね(更新したい気持ちだけしかない状態です)。いくら村上春樹のことを書いていても。orz
でも実はなんか、http://harukizuki.ring.hatena.ne.jp/ に「村上春樹好きリング」http://ring.hatena.ne.jp/yukatti/
が出てこないという変な状態になっているようで設定等が出来なくなっており、先ほどはてなに問い合わせメールを出したところなんです。状況が改善されれば何とかします(ダイアリーを春樹好きリングに登録するともしかしたら注目エントリーとか村上春樹の話題から離れて滅茶苦茶になるかもしれないんですけど、それでもいいのかなあと気になるんで、考えます)。
※リングのURLを間違えていたので再投稿。

2004-12-16(Thu)

『かめくん』北野勇作

[] 『ライトノベル☆めった斬り!』 めった斬りブックガイド既読調査  『ライトノベル☆めった斬り!』 めった斬りブックガイド既読調査 - 香雪読書録 を含むブックマーク

ライトノベル☆めった斬り!

ライトノベル☆めった斬り!

ライトノベルはあまり読まないので『ライトノベル☆めった斬り!』も拝読していないのですが、d:id:alisatoさん(公式サイトスタートおめでとうございます)の d:id:alisato:20041215#p1の呼びかけで、めった斬りブックガイド既読調査の既読チェックをしてみました。

結果、既読は9タイトルでした

リストの100タイトル中、既読は以下の9タイトル。奇しくもd:id:yms-zunさんのhttp://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20041215#metta と同じ数になりました(傾向もやや似ている?)。

  • 001 (1977-p121-d) 《クラッシャー・ジョウ》 高千穂遙(1977~)
  • 002 (1980-p121-d) 《クララ白書》《アグネス白書》 氷室冴子(1980~1983)
  • 003 (1980-p122-d) 《ダーティペア》 高千穂遙(1980~)
  • 008 (1983-p126-e) 『少女小説家は死なない』 氷室冴子(1983)
  • 009 (1984-p128-c) 《なんて素敵にジャパネスク》 氷室冴子(1984~1991)
  • 037 (1992-p174-c) 《十二国記》 小野不由美(1992~)…シリーズ作品リスト
  • 079 (2000-p239-c) 《猫の地球儀》 秋山瑞人(2000)
  • 083 (2001-p242-c) 《イリヤの空、UFOの夏》 秋山瑞人(2001~2003)
  • 085 (2001-p244-f) 『かめくん』 北野勇作(2001) ISBN:4199050302感想(2001年1月)

他に《マルドゥック・スクランブル》 冲方丁(2003)シリーズは揃えて購入済みでいずれ読む予定ではいます。

  • 《クラッシャー・ジョウ》《ダーティペア》~《なんて素敵にジャパネスク》は中学・高校時代に。このころは乱読していたので、いわゆる「名作」やクィーン、クリスティ等、また井上靖司馬遼太郎松本清張、田辺聖子等々を読むのと同時に、高千穂遙、氷室冴子、新井素子(このリストにはない作品)や「斬りそこねた作品リスト」にある《機動戦士ガンダム》富野由悠季ソノラマ文庫/1979)・《グイン・サーガ》栗本薫ハヤカワ文庫JA/1979)・《宇宙皇子》藤川桂介(カドカワノベルス/1984)、ほか中島梓名義のエッセイなども読んでいました。
  • しかし大学に入って国文に進んだため、課題本を読むのに追われて(たとえば谷崎を一日に数冊読まないといけなかったり……)、ライトノベルまで手が回らずだんだん遠ざかることに。
  • 卒業後から現在までは時代小説、海外小説・海外ミステリ、SF少々、古めの純文学・中間文学や古典が読書の中心。
  • そして《十二国記》以降は2000年から。これらはインターネットがきっかけで読んだ、といえると思います。ネットの知人に勧められたり(十二国記、秋山瑞人)、ネットの評判や盛り上がり――いつも読んでいるサイトの次々に書評がアップされ、そのうちリンク集が作られたりする――で自分も読みたくなって手に取ったもの。実際、どれも読み応えがあって面白かった。

ざっと述べればこういう読書歴で9タイトルの既読となっています。

2004-07-28(Wed)

[][][] 「夏に読みたいこの一冊」関連メモ・気になる本  「夏に読みたいこの一冊」関連メモ・気になる本 - 香雪読書録 を含むブックマーク

銀林みのる『鉄塔武蔵野線』大友克洋『童夢』、長野まゆみ『テレヴィジョン・シティ』

d:id:rararapocariさんの「夏に読みたいこの一冊」(http://d.hatena.ne.jp/rararapocari/20040727#doku以下)。

鉄塔 武蔵野線 (新潮文庫) 文学賞メッタ斬り! 銀林みのる『鉄塔武蔵野線』新潮文庫他、ISBN:4101383219)は第六回日本ファンタジーノベル大賞受賞作(1994年。同時受賞は池上永一『バガージマヌパナス』*1)で、大森望豊崎由美文学賞メッタ斬り!』(パルコ、2004.3、ISBN:4891946822)の「ROUND10|世界文学に最も近い? ファンタジーノベル大賞」p.267から2ページ強割いて回顧談(笑い話的エピソード?かも)混じりに絶賛されている……。ファンタジーノベル大賞は大森氏が新潮社編集者時代に社員編集者として担当し、作品の下読みをしていたとのことなのだ。「少年小説としては完璧に近いですよね」「要は鉄塔版『スタンド・バイ・ミー』なんだけど、「鉄塔には女性形と男性形の二種類がある」とか、男子小学生らしい鉄塔蘊蓄も山盛り。その後、長尾直樹監督の手で映画化もされたし、世の鉄塔おたくな人々にとっては今もバイブルみたいに読まれてる本です」「少年小説の王道と言ってもいいような小説で、読めば写真がなぜ必要なのかってことも理解できます(いずれも『文学賞メッタ斬り!』p.127~p.128より)

それで気になって読みたいなと思っていた一冊なんだけど、えー!? 新刊では入手できないようだ。amazon:鉄塔武蔵野線

春風亭柳昇『与太郎戦記』?

d:id:finalventさんの「夏に読みたいこの一冊」(http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20040728#p15)。

残念ながら絶版。古書や図書館で読むしかなさそう。amazon:与太郎戦記

finalventさんがなぜこの本をあげられたか。それは特に若い人にとってはとても貴重な声だと思われるので、申し訳ないけれども該当箇所ほぼ全文引用させて頂く。

みんな、本当の戦争を忘れていく。

一番いけないのは、今、70代の「老人」たちだ、彼らは、戦後の老人なのだ。彼らの語る、戦争は、本土の戦時下というだけのこと。戦場はすでにメディア化されている。

柳昇師匠のこの爆笑体験談は、本当の戦場のリアリティの一端がうまく表現されている。こういうものを読まないと、戦争というものへのセンスが失われる。

finalventの日記2004-07-28「夏に読みたいこの一冊」より

*1池上永一『バガージマヌパナス』わが島のはなし…文春文庫ISBN:4167615010d:keyword:バガージマヌパナス

rararapocarirararapocari2004/07/29 01:34最近は、よく知りませんが、ファンタジーノベル大賞は結構名作が多いですよね。鉄塔武蔵野線は、鉄塔写真も含めて、あまり似た作品にあったことのない小説なので、是非読んでみてください。

apple-eaterapple-eater2004/07/29 13:24http://book.g.hatena.ne.jp/adramine/20040728#p3 にインスパイアされまして、新企画立ててみました。いかがでしょう?

apple-eaterapple-eater2004/07/29 17:26ちょっと勇み足でした。

yukattiyukatti2004/07/29 20:22apple-eaterさん なんか乗り遅れちゃったみたいですんません。adramineさんの案読みました。個人的にはあのへんを足がかりに頭の中でもうちょっとふくらませてから動きたい感じしてます。本棚・バーチャル書店作るとかだったら、それ用に個人用のキーワードを作るのか、それともたとえば各自が過去日記とかに展開してそれを「本棚」キーワードからリンクするのか……といった両方のやりかたがありそうですし(後者のほうがいままでのやり方に近くて簡単そう)、また個人用キーワード作った場合はその人がグループを退会(もしくははてなをやめたり)したりしたときにはどう処理するかとかも考えとかなくちゃいけなさそうだし。規約と検討も必要なのかな、とか。でも熱いうちになんとか実現させたいっすね。

yukattiyukatti2004/07/29 20:29rararapocariさん 『文学賞メッタ斬り!』によると「ファンタジーノベル大賞は、現代文学の新しい才能を生み出している。」。最近はリーダビリディが高い作品が受賞するようになったかなとの分析が。でもレベル高いですよね。わたしなんかだとちょっと背伸びして読むようなところがある作品・作家さんが多いです。『鉄塔武蔵野線』はなんとかして読みたいと思います。

apple-eaterapple-eater2004/07/31 20:56与太郎戦記を読みました。飄々と戦場の情景を描いてます。お勧め(陸軍落語兵はこれから読みます)

yukattiyukatti2004/08/05 21:56ますます読みたくなります。

0000 | 00 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2005 | 04 |

言及ISBN/ASIN

この日記で最近言及した本
Copyright© "yukatti" Matsumoto,Y.(E-Mail : yukako@feb.email.ne.jp).