香雪読書録 RSSフィード

yukattiのこつこつ読書録&ブックリスト このページをアンテナに追加!

0000 | 00 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2005 | 04 |

2004-10-19(Tue)

『攻殻機動隊』(1)士郎正宗

[][][][] 士郎正宗『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』(1)  士郎正宗『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』(1) - 香雪読書録 を含むブックマーク

士郎正宗? 『攻殻機動隊? THE GHOST IN THE SHELL』(1)(講談社ヤングマガジンKCDX-248、1991.10、ISBN:406313248X
bk1『攻殻機動隊』(1)bk1.jp『攻殻機動隊』(1)
55字内容紹介…

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 [DVD] 映画版はDVDでしばらく前に観たものの、映像に圧倒されつつもストーリーはなんだかよくわからないまま終わったという感があって(それは他事をしながら観ていたせいも大きいが)不完全燃焼だった。なんだかすごい話っぽいのにな、……で、この夏、映画『イノセンス』公開があったのをしおに原作を購入、ここ数日で遅蒔きながら読んだので簡単に感想を記しておく。わたしは士郎正宗のあまり良い読者ではなく、というか気にはなっているけどなかなか機会が無いまま来ただけなのだが、じっくり読むのは10数年ぶりで『アップルシード』以来である。とはいえ本作の出版そのものは1991年(89~90年にヤングマガジン海賊版に連載されたものをベースとしている)だからアップルシードを読みふけっていた直後にあたるわけで、自分の中の士郎正宗作品の記憶とそのままシームレスに続いてギャップは全くなかった。

※続きはあとで書きます。

[] 「Amazon.co.jpサーチボックス」ソース更新・新規カテゴリーに対応させました。 21:36  「Amazon.co.jpサーチボックス」ソース更新・新規カテゴリーに対応させました。 - 香雪読書録 を含むブックマーク

bookグループTipsに置いている「Amazon.co.jpサーチボックス」ソースを更新しました。「おもちゃ&ホビー」等、新規カテゴリーに対応させた新バージョンにしています。よろしければお使い下さい。

注目新刊リストにあったフォームも上記新バージョンのものに変更しました。

[] ゴッゴル  ゴッゴル - 香雪読書録 を含むブックマーク

衛星ゴッゴルはもう駄目だという。それなのに僕はのんきに長いバケーションに、一人旅に出かけていた。帰宅してみれば街はゴーストタウンだ。ターミナル・ストロジェンへの避難用ロケットはもう行ってしまった。備え付けの避難ポッドでは衛星の重力圏からの脱出でかつかつだろう。逃げ出すには間に合わない。そもそもお金がないのだ。僕はゴッゴルと運命をともにすることにした。小惑星がぶつかる確率は90パーセント。残りは10パーセントもある。


……とりあえずおしまい。

しかし、ひょっと考えつく物語はいつもこんな話ばかり(cf: ページ移転のお知らせ)。

SFをそんなにたくさん読んでいるわけではないのに、自分の中で進んでる物語はSFぽいような気がする。なんなんだろう。

2004-09-15(Wed)

『推定無罪』(上)スコッ

[][][][] スコット・トゥロー『推定無罪』読書人生に大きな影響を与えた一冊 スコット・トゥロー『推定無罪』(読書人生に大きな影響を与えた一冊) - 香雪読書録 を含むブックマーク

スコット・トゥロー? 『推定無罪』?全二冊(上田公子訳、文春文庫、1991.2、上・ISBN:4167527073、下・ISBN:4167527081
(上)bk1bk1.jp、(下)bk1bk1.jp
原題:Presumed Innocent by Scott Turow , 1987
55字内容紹介…地方検事選挙戦のさなか、美人検事補が自宅で遺体となって発見された。主席検事補サビッチは捜査を担当するがやがて…。

ハリソン・フォード主演で映画化もされているリーガル・サスペンスのエポック・メーキング的作品。1987年に出版され世界的ベストセラーになりました。

推定無罪 (上) (文春文庫) 推定無罪 (下) (文春文庫) 《いつまでも心に残る大好きな小説》初めて読んだときからもう十年近く経つのに実のところいまだになぜかほぼ毎日必ず二、三秒はこの本のことを思い浮かべてしまう(なぜだ!?)。秀逸なストーリー、固唾を飲んでしまう法廷の場面、スピーディーで意外な展開。それ以上に登場人物たちの陰影深い描写と解放感や寂寞がないまぜになった読後感がいつまでも心に残る。そしてアメリカ社会という異文化生活の一端を知ることができる…これは海外小説を読む醍醐味のひとつだろう。そういう小説

小学校高学年のころ大人向けの推理小説を読み始めた。自宅にあったEQMMのアンソロジー松本清張ほかの本はとても面白いが意味がよく分からないところがあった。中学校の時は通学時間が長くて一日二冊は本を読む生活で、そのころちょうどそれらの本に書かれている内容が理解できるようになったわたしは古典的なミステリや日本人作家推理小説をせっせと読んではうっとりと親しんだ。もちろん今も古典的なミステリには今も愛着を持っている。

が、大学生になりこの『推定無罪』にのめり込んだ(のと海外ドラマに夢中になった)のを契機に主にアメリカの現代ミステリのシリーズ物や「クライム・フィクション」「サスペンス」といったジャンルを本格的に読み始め、いつしか海外翻訳小説に読書の軸足を置くようになった。人間心理の深いところや社会をわりにジャーナリスティックに描くスタイルが多い海外作品を読むのは自分の思慮を深化させてもらえている確かな手応えがあったし、ミステリ―サスペンスなども含んだ広義のミステリ―としてのそれだけでなく文学的な水準も高くて、分厚く読み応えがあるのがうれしかった。そういった意味でもこれはわたしにとっては非常に大切な小説である。


 ただし日本人としてのわたしはこの作品における日系人監察医タツオ・クマガイの描かれ方にどうしても少々不満を感じてしまい、その点が残念です。白人から見たステレオタイプの日系人像、といったことではなく、このキャラクター特有の…と考えようとは思うのですが。

 ラスティやリップ、バーバラ、スターン、レイモンド…彼らの息づかい、戦き、ささやきが心の中にいつまでも残り続けます。どこか熱く、しかし透明で凍みるように静かに心を浸食して覆い尽くすささやき。そして、生き続ける人間の姿。

※2001年秋記す ページ移転のお知らせより転載。

★★★★★

[] いろいろ  いろいろ - 香雪読書録 を含むブックマーク

私用によりなかなか更新できません。

夏への扉レビューも10月の演奏会(が、あるんです)終了後になるかと思います。すみません。9/22追記 なんとか書きました。id:yukatti:20040807#p1

apple-eaterapple-eater2004/09/20 10:27飛浩隆『象られた力』は入手されましたか?音楽にたずさわっているなら楽しめる作品「デュオ」が掲載されてます。
さらに、飛浩隆さんの日記http://d.hatena.ne.jp/TOBI/によれば、グランヴァカンスはオペラ3部作を参考にしたとか。オペラどころか音楽に弱い私には何のことかさっぱりですが、心あたりはありますか?グランヴァカンスの元ネタオペラ。

yukattiyukatti2004/09/20 10:58入手していません。機会があれば読んでみます/グラン・ヴァカンスの元ネタ(?)オペラ、分かりません。オペラやミュージカルは苦手であんまり見てきませんでした(最近、義務的に見て少しずつ面白さも感じるようになりましたが)ので知識が浅くて。すみません。

2004-08-24(Tue)

『はてなの本』

[][][][] 田口和裕・松永英明・上ノ郷谷太一『はてなの本』  田口和裕・松永英明・上ノ郷谷太一『はてなの本』 - 香雪読書録 を含むブックマーク

田口和裕(d:id:tagkaz)・松永英明(d:id:matsunaga)・上ノ郷谷太一(d:id:NiPeke『はてなの本』翔泳社、NEXT TRAVELERS 200Xシリーズ第一弾、2004.8、ISBN:4798107042
bk1bk1.jp
55字内容紹介…「はてな」を「コミュニケーション増幅装置」としてとらえて魅力を腑分けする一冊。はてな代表3万字インタビューも。

本は両表紙Wフェイス仕様という凝った体裁の二部構成で、「SIDE A 横書きサイド」は「はてなダイアリー&はてなアンテナ究極ガイドブック」。「SIDE B 縦書きサイド」では「はてなダイアリーのコミュニティと運用」を明らかにしようとし、ユーザーに人気のはてなダイアラーd:id:kowagariさんによる冒頭コラムで端的にユーザーから見たはてなの楽しさを伝え、さらに近藤淳也はてな代表30,000字インタビューや歴史からその魅力・活用方法まで延々語る「はてなの語り部」ともいうべき章でしめくくる。

『はてなの本』はとても読み応えのある本である。

自分としてはSIDE Bが面白かった。近藤さんのインタビューはこれまでのインタビューで読んだことのある内容も一部あったが初めて知った裏話的なものもありとても興味深かった。どういう理念や設計思想で開発されたシステムであるか、ということがわかって、はてなを面白がって使っているユーザーとしては自分たちが何を面白がっているかの正体が少し分かった気がしてうれしくなるのだろうと思う。また、キーワード議論などはてなについて突っ込んだ話をしたいユーザーはこのレベルまで知っておいたほうがいい。必読といっていいだろう。

その他の部分も自分の歩みを改めて振り返ることが出来たり、外から眺められたりなどしている感じで大変面白かった。はてなのことをいろいろ言いたいはてなのヘビーユーザーはぜひ読むべきだと思ったし、はてなのことを知りたい人にも薦めたい。

いっぽうのSIDE Aのほうにも便利なカタログが満載で、それを見てわくわくする人は多いと思う。ただ、初心者に薦めるのはどうか、と思われるテクニックやちょっとした間違い箇所がわずかにあるのが気になって(p.57、p.58など)、そういうレベルのミスがほとんどなかった先行はてな本二冊(『はてなダイアリーガイドブック『[はてな]ではじめるブログ生活』)と比べるとマニュアルとして量的には優れていても質的にはやや遜色があるように感じられる。

このように読み応えある本にもかかわらず初歩的な段階で不適切な説明があることが残念でならない。神経質なようだが、マニュアルという側面がある以上、せっかくの本でも気になる箇所が初心者向けの箇所であればあるほど、何かいい加減にあしらわれているような気になってがっかりきてしまう。たとえば「ホームページ」を作ったことのない友人ががはてなをはじめたい、というときなんかにはこの本を安心してぽんと渡してしまうのは少し怖い。本当にとても残念なので、ぜひ今後の修正を望む。

あとちょこちょこと、本の中に自分のIDは出てはいないけれども編集や作成に携わったキーワードが登場しており(写真日記花、はてなダイアリーTips、はてなダイアリーFAQ、はてなダイアリーガイドなどなど)、キーワードがこのように立派に出版物にその名を刻んでいることがひそかにうれしかったりこそばかったりした。

★★★☆(SIDE Aは★★★、SIDE Bは★★★★★) 間違い箇所に気づける人には★★★★☆

[] はてな本三冊について  はてな本三冊について - 香雪読書録 を含むブックマーク

  • マニュアルとしては、わたしは質的には『はてなダイアリーガイドブック』(レビュー:id:yukatti:20040527#p1)を高く評価する。誠実な本である。
  • 初心者の友人に安心して薦められるのは、画像の出し方などの解説が細かだったり、はてなに関する内容がほぼ正確でHTML, CSSの適切なテクニックを紹介していたりなど、そういった小さなことがきちんとしている点で、ライトには『[はてな]ではじめるブログ生活』(レビュー:id:yukatti:20040526#p1)であり、ヘビーには『はてなダイアリーガイドブック』である。
  • はてなのことを知った気になりたい人(良い意味で)、今風のブログの体裁をさっさと整えたい人には『はてなの本』がぴったりだろう。
  • 機能マニュアル・カタログであるSIDE Aに書かれているようなことは知ってるヨン、というヘビーユーザーでも、近藤さんのインタビューがたっぷり読めて、はてなダイアリーのコミュニティについてとことん語られてもいるSIDE Bには刮目するだろう。それだけでも『はてなの本』は買い。

『はてなダイアリーガイドブック』+『はてなの本』『[はてな]ではじめるブログ生活』+『はてなの本』で完璧、かな。

apple-eaterapple-eater2004/09/01 16:56秋の新企画を立ち上げてみました。夏のアレの件は… ……とととりあえず、終了企画に移行しました。

yukattiyukatti2004/09/01 17:23読書シーズンです。ありがとうございます。企画取りまとめ(というか参加)なかなか出来なくてすみません。夏のアレも追い追い。

0000 | 00 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2005 | 04 |

言及ISBN/ASIN

この日記で最近言及した本
Copyright© "yukatti" Matsumoto,Y.(E-Mail : yukako@feb.email.ne.jp).