香雪読書録 RSSフィード

yukattiのこつこつ読書録&ブックリスト このページをアンテナに追加!

0000 | 00 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2005 | 04 |

2004-08-24(Tue)

『はてなの本』

[][][][] 田口和裕・松永英明・上ノ郷谷太一『はてなの本』  田口和裕・松永英明・上ノ郷谷太一『はてなの本』 - 香雪読書録 を含むブックマーク

田口和裕(d:id:tagkaz)・松永英明(d:id:matsunaga)・上ノ郷谷太一(d:id:NiPeke『はてなの本』翔泳社、NEXT TRAVELERS 200Xシリーズ第一弾、2004.8、ISBN:4798107042
bk1bk1.jp
55字内容紹介…「はてな」を「コミュニケーション増幅装置」としてとらえて魅力を腑分けする一冊。はてな代表3万字インタビューも。

本は両表紙Wフェイス仕様という凝った体裁の二部構成で、「SIDE A 横書きサイド」は「はてなダイアリー&はてなアンテナ究極ガイドブック」。「SIDE B 縦書きサイド」では「はてなダイアリーのコミュニティと運用」を明らかにしようとし、ユーザーに人気のはてなダイアラーd:id:kowagariさんによる冒頭コラムで端的にユーザーから見たはてなの楽しさを伝え、さらに近藤淳也はてな代表30,000字インタビューや歴史からその魅力・活用方法まで延々語る「はてなの語り部」ともいうべき章でしめくくる。

『はてなの本』はとても読み応えのある本である。

自分としてはSIDE Bが面白かった。近藤さんのインタビューはこれまでのインタビューで読んだことのある内容も一部あったが初めて知った裏話的なものもありとても興味深かった。どういう理念や設計思想で開発されたシステムであるか、ということがわかって、はてなを面白がって使っているユーザーとしては自分たちが何を面白がっているかの正体が少し分かった気がしてうれしくなるのだろうと思う。また、キーワード議論などはてなについて突っ込んだ話をしたいユーザーはこのレベルまで知っておいたほうがいい。必読といっていいだろう。

その他の部分も自分の歩みを改めて振り返ることが出来たり、外から眺められたりなどしている感じで大変面白かった。はてなのことをいろいろ言いたいはてなのヘビーユーザーはぜひ読むべきだと思ったし、はてなのことを知りたい人にも薦めたい。

いっぽうのSIDE Aのほうにも便利なカタログが満載で、それを見てわくわくする人は多いと思う。ただ、初心者に薦めるのはどうか、と思われるテクニックやちょっとした間違い箇所がわずかにあるのが気になって(p.57、p.58など)、そういうレベルのミスがほとんどなかった先行はてな本二冊(『はてなダイアリーガイドブック『[はてな]ではじめるブログ生活』)と比べるとマニュアルとして量的には優れていても質的にはやや遜色があるように感じられる。

このように読み応えある本にもかかわらず初歩的な段階で不適切な説明があることが残念でならない。神経質なようだが、マニュアルという側面がある以上、せっかくの本でも気になる箇所が初心者向けの箇所であればあるほど、何かいい加減にあしらわれているような気になってがっかりきてしまう。たとえば「ホームページ」を作ったことのない友人ががはてなをはじめたい、というときなんかにはこの本を安心してぽんと渡してしまうのは少し怖い。本当にとても残念なので、ぜひ今後の修正を望む。

あとちょこちょこと、本の中に自分のIDは出てはいないけれども編集や作成に携わったキーワードが登場しており(写真日記花、はてなダイアリーTips、はてなダイアリーFAQ、はてなダイアリーガイドなどなど)、キーワードがこのように立派に出版物にその名を刻んでいることがひそかにうれしかったりこそばかったりした。

★★★☆(SIDE Aは★★★、SIDE Bは★★★★★) 間違い箇所に気づける人には★★★★☆

[] はてな本三冊について  はてな本三冊について - 香雪読書録 を含むブックマーク

  • マニュアルとしては、わたしは質的には『はてなダイアリーガイドブック』(レビュー:id:yukatti:20040527#p1)を高く評価する。誠実な本である。
  • 初心者の友人に安心して薦められるのは、画像の出し方などの解説が細かだったり、はてなに関する内容がほぼ正確でHTML, CSSの適切なテクニックを紹介していたりなど、そういった小さなことがきちんとしている点で、ライトには『[はてな]ではじめるブログ生活』(レビュー:id:yukatti:20040526#p1)であり、ヘビーには『はてなダイアリーガイドブック』である。
  • はてなのことを知った気になりたい人(良い意味で)、今風のブログの体裁をさっさと整えたい人には『はてなの本』がぴったりだろう。
  • 機能マニュアル・カタログであるSIDE Aに書かれているようなことは知ってるヨン、というヘビーユーザーでも、近藤さんのインタビューがたっぷり読めて、はてなダイアリーのコミュニティについてとことん語られてもいるSIDE Bには刮目するだろう。それだけでも『はてなの本』は買い。

『はてなダイアリーガイドブック』+『はてなの本』『[はてな]ではじめるブログ生活』+『はてなの本』で完璧、かな。

apple-eaterapple-eater2004/09/01 16:56秋の新企画を立ち上げてみました。夏のアレの件は… ……とととりあえず、終了企画に移行しました。

yukattiyukatti2004/09/01 17:23読書シーズンです。ありがとうございます。企画取りまとめ(というか参加)なかなか出来なくてすみません。夏のアレも追い追い。

0000 | 00 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2005 | 04 |

言及ISBN/ASIN

この日記で最近言及した本
Copyright© "yukatti" Matsumoto,Y.(E-Mail : yukako@feb.email.ne.jp).