香雪読書録 RSSフィード

yukattiのこつこつ読書録&ブックリスト このページをアンテナに追加!

0000 | 00 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2005 | 04 |

2004-05-22(Sat)

『日露戦争名将伝』Amazon画

[][][][] 柘植久慶『日露戦争名将伝 人物で読む「激闘の軌跡」』  柘植久慶『日露戦争名将伝 人物で読む「激闘の軌跡」』 - 香雪読書録 を含むブックマーク

読書中。

柘植久慶『日露戦争名将伝? 人物で読む「激闘の軌跡」』(PHP文庫、2004.3、ISBN:456966153X
bk1bk1.jp
  • 人物ごとに見出しを立て、プロフィールから戦場での活躍までを読みやすく整理。日露双方の将軍60名を収録。(いずれも本書裏表紙より)
  • また司馬遼太郎『坂の上の雲』?の主たる登場人物のうち、三○人以上をここで紹介してある。あの作品をより深く理解できるよう、そうしたあたりにも配慮しながら執筆を進めたつもりだ。(本書まえがきp.5より)
  • 55字内容紹介…日露戦争の勝利は将軍たちの資質の差も大きく影響していた…日露双方の将軍60名の人物伝から日露戦争の全体像を見る。

レビュー

日露戦争名将伝―人物で読む「激闘の軌跡」 (PHP文庫) 『坂の上の雲』のおさらい、発展としてこの本を手に取った。

第一部が「日露戦争の名将たち」、第二部が「日露戦争を戦った他の将軍たち」。前者では日本側十四名、ロシア側三名の名の知られた名将を取り上げ、ひとりにつき10ページ程度で「プロフィール」「日露戦争での活躍」に分けて述べていく。

後者ではその他の四十三名を数ページずつ簡略に。顔ぶれはやや知名度の低い名将・優れた将軍から愚将までピンキリで、ロシア側の将軍の多くもこちらだ。巻末には人名索引。それぞれには顔写真もそえられている。

ひとりずつの生い立ち、軍歴。日露戦争でどう戦ったか。そして戦後の身の振り方、そして死。その一生の間でその人物が当時、誰からどう評価されていたかを解説し(明治期には系脈が大きくものをいう。藩閥はその最たるものだ)、また、作者もどう評価しているかもときに書く。戦闘の模様についてはあっさり文章で説明しているだけ(むろんコンパクトな概略はじゅうぶんつかめる)で本格的な戦記・戦史と読むにはたぶん物足りないだろうが、個別の作戦の詳細よりむしろ本題としては述べることは彼らの行動が戦局へどう影響したかに力点が置かれていて、「人物像から日露戦争を描いてみたい」(まえがきp.4より)という作者の意図は成功しているように思う。各人の略伝として読めて興味深く、また、彼らの業績を当時の評価と現在の評価の両者を読み、考えることでそこにある・もしくはない「ずれ」が把握できる。この把握と考察によって歴史を……社会のありようの歴史的変遷をなぞれもしているのではないかとも思った。

文中には関連の写真が多く配されてもおり、明治期の日本の風景や人物の顔を知りたい、といった興味も満たしてくれる。文庫書き下ろし作品。

★★★☆/5

関連Webサイト

[] グループの説明に「読書」を追加  グループの説明に「読書」を追加 - 香雪読書録 を含むブックマーク

書籍関連のグループ。キーワードは人名(フルネーム)と作品のみ可。短い語句の作品に関しては、カギ括弧をつけることを推奨する。詳しくは[bookグループについて]を参照してください。

「読書」をキーワードにグループ検索(http://g.hatena.ne.jp/~のヘッダ検索窓から可能)したときにこのグループも結果に出るよう、説明冒頭を「書籍関連のグループ」から「書籍・読書関連のグループ」に変更してみました。中黒でつないでしまっていますけど文章整えていただいても結構です。念のためid:adramineさんへトラックバック。

書籍・読書関連のグループ。キーワードは人名(フルネーム)と作品のみ可。短い語句の作品に関しては、カギ括弧をつけることを推奨する。詳しくは[bookグループについて]を参照してください。

5/23夕刻追記。

昨晩上記のように変更して意図通り反映もされていたのですが、今確認したら説明文が途中で切れてしまっていました。元の文章を入れて再変更してみましたがやはり途中までしか反映されず、復元はできませんでした。

id:adramine:20040523#p1で指摘いただいていますが「グループの説明」にはヘルプにその説明が無いのですが全角42文字の文字数制限があったのですね(なぜ昨晩はいったん全文反映されていたのでしょうか...)。余計なことしてしまいました。申し訳ありませんでした。

今回はとりあえず下記のようにしておきました。

書籍・読書関連のグループ。キーワードは人名(フルネーム)と作品のみ可。

  • 説明をもう少し長く書けるようg:hatena:id:hatenagroupに要望いたします。全角42文字はさすがに短すぎて大変。
  • 文字数制限を設けるならヘルプにその旨の記載をお願いいたします。

本当にすみません。

同じ要望がhttp://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20040521#p3にも。すでに報告されていたことだったに、わたしの確認不足でした。

0000 | 00 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2005 | 04 |

言及ISBN/ASIN

この日記で最近言及した本
Copyright© "yukatti" Matsumoto,Y.(E-Mail : yukako@feb.email.ne.jp).