香雪読書録 RSSフィード

yukattiのこつこつ読書録&ブックリスト このページをアンテナに追加!

0000 | 00 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2005 | 04 |

2005-04-12(Tue)

『世界の終りとハードボイ

[][] 村上モトクラシがはてなでも始まった!  村上モトクラシがはてなでも始まった! - 香雪読書録 を含むブックマーク

なんとはてなダイアリーでも「村上モトクラシ」が始まった!という大衝撃大興奮(ファンです*1)。正確には村上春樹の新刊などに関する情報を更新する「村上モトクラシ」(http://www.shinchosha.co.jp/murakami/main.html)のなかの一コンテンツとしてのもので、さらに純粋には人力検索サイトはてなとのコラボというかアンケートの補助的なブログ、という位置付けのようだし、もちろん書き手が作家ご本人じゃないのが残念ですが*2

村上春樹のこれまでのウェブ(村上朝日堂など)のやり方は基本的には

  • 読者とのやり取り
  • 時系列でのお知らせ・日記など

といった感じだったから、「きっとブログで展開するようになる」っていうような意見(期待論?)がネット内ではちらほら言われていたのだけど、まさかそれがはてなダイアリーで始まるとは……!

[][][][][][][][] 村上春樹わたせせいぞう、わがふるさとは坂の下に海があるまち――『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ハートカクテル』をめぐる雑感  村上春樹、わたせせいぞう、わがふるさとは坂の下に海があるまち――『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ハートカクテル』をめぐる雑感 - 香雪読書録 を含むブックマーク

には村上春樹をめぐるなんだか素敵な秘話が。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫) 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫) わたしが本格的に村上春樹*3の作品を読むようになった直接のきっかけは予備校時代の体験で、d:id:yukatti:20040121#20040121f3に書いているとおり。

それで最初にじっくり読んだのが『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』?新潮社、1985、単行本新装版ISBN:4103534109*4の初版単行本。ピンク色の箱の分ですね。d:id:yukatti:20041129#1101702836に書いたおぼろげな記憶はやはり正しくて(この前実家でチェックした)、やっぱりちょうど18歳、予備校生の夏だった。汗をたらたら流しながらベッドに寝っ転がって夢中で読んだのを覚えている。当時は「ワンダーランド」が自分の心象風景に似ていることと、音楽の力のカタルシスにノックアウトされたんだった。最近はそれ以上に「ハードボイルド」の「私」のことばにひかれる。

ハートカクテル (1) (講談社漫画文庫) チョーク色のピープル (角川文庫―わたせせいぞうコレクション) その18,19だったちょうど同じ頃、わたせせいぞう?http://www.apple-farm.co.jp/)の『ハートカクテル?』や『チョーク色のピープル』?などにもはまった。わたせせいぞう氏は神戸市生まれ門司育ちである。彼の描く海や坂のあるまちは、自分の中にある「美化したふるさと」の姿であり、理想のまちであった。その理想をわたしは今もどこか追い求めているのかもしれない。部屋の窓から遠く海が見えると落ち着ける。海がないまちだとどうしても落ち着けない。

神戸 神戸市役所展望ロビーから北側。錨山、市章山が見える。 村上春樹が彼の育った街として語るときの「神戸」はかろうじてわたしも子供時分に間に合っているので、彼が懐かしがっている風景はわたしのそれと共通しているところがあるなあと思える。それがなんだかうれしくもあり、悲しいような――こちらの勝手な思いこみだろうけど、ある種の痛みを共感している、という思い――気もしている。

村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 ★★★★★

わたせせいぞう『ハートカクテル』シリーズ*5 ★★★★☆(人によっては甘さがあわないかもしれません) 『チョーク色のピープル』★★★★★

*1:ミーハーな反応ですみません。

*2:灯台守さんすみません。

*3村上春樹…はてなダイアリーキーワード「村上春樹」も参照のこと。

*4村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』…はてなダイアリーキーワード「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」も参照のこと。

*5わたせせいぞう『ハートカクテル』シリーズ…amazon:わたせせいぞう ハートカクテル

takamine_ktakamine_k2005/11/14 23:51ハルキリングの登録、ありがとうございます。
こう言ってはなんですが、yukattiさんのダイアリーの方が
興味あったりして…関係ないですね、ははは。

yukattiyukatti2005/11/15 00:37あ、どうもよろしくお願いします。やっぱりダイアリーの方がいいのかな……ここ更新できてないですもんね(更新したい気持ちだけしかない状態です)。いくら村上春樹のことを書いていても。orz
でも実はなんか、http://harukizuki.ring.hatena.ne.jp/ に「村上春樹好きリング」http://ring.hatena.ne.jp/yukatti/
が出てこないという変な状態になっているようで設定等が出来なくなっており、先ほどはてなに問い合わせメールを出したところなんです。状況が改善されれば何とかします(ダイアリーを春樹好きリングに登録するともしかしたら注目エントリーとか村上春樹の話題から離れて滅茶苦茶になるかもしれないんですけど、それでもいいのかなあと気になるんで、考えます)。
※リングのURLを間違えていたので再投稿。

2004-12-17(Fri)

『忠臣蔵』野口武彦

[][][][] 野口武彦『忠臣蔵 ――赤穂事件・史実の肉声』  野口武彦『忠臣蔵 ――赤穂事件・史実の肉声』 - 香雪読書録 を含むブックマーク

野口武彦? 『忠臣蔵? ――赤穂事件・史実の肉声』(ちくま新書014、1994.11、ISBN:4480056149
Amazon.co.jpでは出品者より入手可→ISBN:4480056149。bk1では取り扱い不可→bk1『忠臣蔵』bk1.jp『忠臣蔵』
野口武彦については 野口武彦著作データベース(K.T.さん(d:id:jindong)作成)が詳しい。
55字内容紹介…

テレビドラマ「忠臣蔵」の最終回を見た(松平健が内蔵助)。そこでまた野口武彦『忠臣蔵』(ちくま新書014、1994.11、ISBN:4480056149)を取り出して読んでいる。本書で著者は「忠臣蔵」を文学的・舞台芸術的に見る領域に踏み込むことはせず、丹念にクロス・チェックを重ねながら史料をたどっていくことで実際に起きた事件としての姿を復原させるこころみをおこない、成功させている。ページを開くと当時の江戸城の有様が、浅野内匠頭と吉良上野介の生きている人間としての姿が、また「義士」と家臣以外に彼ら二人を囲んでいた大勢の人々と当時の社会、経済、政治の姿が史料の平易な分析解説を通してたちあらわれ、まさに「事件のなまなましい灰色のリアリティ(本書 p.13)が見えてくるようである。それは義士の物語として昇華させたドラマとは違った形で劇的で、まさに実際「人間ドラマ」だったのだ。本書にはノンフィクションを読むような興奮が、深く分け入っていく静かな興奮があるだろう。

★★★★☆

※あとでもう少し書き足します

[] この「続きはあとで」の宿題が一杯溜まっております  この「続きはあとで」の宿題が一杯溜まっております - 香雪読書録 を含むブックマーク

他にもまとめなくちゃいけない集計とかにもなかなか着手できず。自分としても気持ち悪いし申し訳ありません。

nobodynobody2004/12/17 22:16気楽にいきましょう。年末ですしー♪

yukattiyukatti2004/12/17 22:24どうもです。年末はやはり忠臣蔵……の人間にわたしもなってしまいました。

apple-eaterapple-eater2008/08/22 20:35いまさらですが地元です。いらっしゃいませ、赤穂へ。

yukattiyukatti2008/08/22 21:11赤穂には2回ほどいったことありますー。だいぶん前になっちゃいますけど。

2004-12-16(Thu)

『かめくん』北野勇作

[] 『ライトノベル☆めった斬り!』 めった斬りブックガイド既読調査  『ライトノベル☆めった斬り!』 めった斬りブックガイド既読調査 - 香雪読書録 を含むブックマーク

ライトノベル☆めった斬り!

ライトノベル☆めった斬り!

ライトノベルはあまり読まないので『ライトノベル☆めった斬り!』も拝読していないのですが、d:id:alisatoさん(公式サイトスタートおめでとうございます)の d:id:alisato:20041215#p1の呼びかけで、めった斬りブックガイド既読調査の既読チェックをしてみました。

結果、既読は9タイトルでした

リストの100タイトル中、既読は以下の9タイトル。奇しくもd:id:yms-zunさんのhttp://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20041215#metta と同じ数になりました(傾向もやや似ている?)。

  • 001 (1977-p121-d) 《クラッシャー・ジョウ》 高千穂遙(1977~)
  • 002 (1980-p121-d) 《クララ白書》《アグネス白書》 氷室冴子(1980~1983)
  • 003 (1980-p122-d) 《ダーティペア》 高千穂遙(1980~)
  • 008 (1983-p126-e) 『少女小説家は死なない』 氷室冴子(1983)
  • 009 (1984-p128-c) 《なんて素敵にジャパネスク》 氷室冴子(1984~1991)
  • 037 (1992-p174-c) 《十二国記》 小野不由美(1992~)…シリーズ作品リスト
  • 079 (2000-p239-c) 《猫の地球儀》 秋山瑞人(2000)
  • 083 (2001-p242-c) 《イリヤの空、UFOの夏》 秋山瑞人(2001~2003)
  • 085 (2001-p244-f) 『かめくん』 北野勇作(2001) ISBN:4199050302感想(2001年1月)

他に《マルドゥック・スクランブル》 冲方丁(2003)シリーズは揃えて購入済みでいずれ読む予定ではいます。

  • 《クラッシャー・ジョウ》《ダーティペア》~《なんて素敵にジャパネスク》は中学・高校時代に。このころは乱読していたので、いわゆる「名作」やクィーン、クリスティ等、また井上靖司馬遼太郎松本清張、田辺聖子等々を読むのと同時に、高千穂遙、氷室冴子、新井素子(このリストにはない作品)や「斬りそこねた作品リスト」にある《機動戦士ガンダム》富野由悠季ソノラマ文庫/1979)・《グイン・サーガ》栗本薫ハヤカワ文庫JA/1979)・《宇宙皇子》藤川桂介(カドカワノベルス/1984)、ほか中島梓名義のエッセイなども読んでいました。
  • しかし大学に入って国文に進んだため、課題本を読むのに追われて(たとえば谷崎を一日に数冊読まないといけなかったり……)、ライトノベルまで手が回らずだんだん遠ざかることに。
  • 卒業後から現在までは時代小説、海外小説・海外ミステリ、SF少々、古めの純文学・中間文学や古典が読書の中心。
  • そして《十二国記》以降は2000年から。これらはインターネットがきっかけで読んだ、といえると思います。ネットの知人に勧められたり(十二国記、秋山瑞人)、ネットの評判や盛り上がり――いつも読んでいるサイトの次々に書評がアップされ、そのうちリンク集が作られたりする――で自分も読みたくなって手に取ったもの。実際、どれも読み応えがあって面白かった。

ざっと述べればこういう読書歴で9タイトルの既読となっています。


[][][][] パトリシア・コーンウェル作品レビューページ更新  パトリシア・コーンウェル作品レビューページ更新 - 香雪読書録 を含むブックマーク

12/15発売の検屍官シリーズ(ケイ・スカーペッタ・シリーズ)新刊『痕跡』全二冊の情報を追加。今後は『痕跡』の感想や(まだ届いてなくて読めていません)やその他、シリーズ各作品の書影などを追加していく予定です。

パトリシア・コーンウェル著、相原真理子訳『痕跡』(講談社文庫、2004.12)
痕跡 (上) (講談社文庫) 痕跡 (下) (講談社文庫)
原題:Trace, by Patricia Cornwell(2004) ペーパーバックISBN:0425204200/ハードカバーISBN:0316854735
Amazon.co.jp(上)ISBN:4062749475/(下)ISBN:4062749483
bk1『痕跡(上)』 『痕跡(下)』

上記オンライン書店掲載情報によれば、コーンウェルは主人公ケイをフロリダ(ケイの出身地)、そしてヴァージニア(ケイが検屍局長として勤務していた場所・検屍官シリーズの舞台)というホームベースに戻して活躍させているようです。ここ数作、ケイはあちこち彷徨いすぎてましたからねえ。

0000 | 00 |
2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2005 | 04 |

言及ISBN/ASIN

この日記で最近言及した本
Copyright© "yukatti" Matsumoto,Y.(E-Mail : yukako@feb.email.ne.jp).