大和但馬屋読書日記

この日記は

2007年07月10日火曜日

[][][]仏教と日本人(阿満利麿,ちくま新書)

仏教と日本人 (ちくま新書)

仏教と日本人 (ちくま新書)

一言、面白かつた。僅か四頁分の「はじめに」を読んだだけで元は取れた気がした。本文は言ふに及ばない。

今までも何冊となく本書の書名と似たテーマの本は読んできたが、それらはどうしても教科書に載る様な「大きな歴史」の解説に終始しがちであつた。もちろんそれはそれで知つておきたいことではある。本書の面白みは、それらの「大きな歴史」が如何にして日本人に受容され、市井の文化に組込まれていつたかについて徹底的に考察してゐるところにある。その根底として、柳田國男民俗学の影響が大きくみられるやうであり、そろそろ自分も柳田國男を読んでみたくなつてきた。

この種の本を読み、日本がどのやうな文化を育んできたかを考へれば考へるほど、ワシは「宗教」といふものが分らなくなる。分らなくなるといふのは、つまり簡単に割切つて切り捨てられなくなるといふことだ。自分が他の一般的な人々と同様に特定の宗教に深く帰依する可能性が今のところ殆ど無いからこそ、余計にさう思ふ。まさにその心情をテーマとした本が同じ著者により出版されてゐる様なので、そちらも是非「あはせて読みたい」。

2007年07月04日水曜日

[][][]「感動」禁止!―「涙」を消費する人びと(八柏龍紀,ベスト新書)

書店でタイトルだけに惹かれて買つた本。

通読した印象としては、なんだか散漫な内容だと感じた。それもその筈で、あとがきによると東大の自治会主催による自主ゼミの講義録を再編したものらしい。「消費社会」をキーワードとし、所謂「団塊の世代」が青春時代を過した学園紛争とフォークソングの時代から現代までを文化史的に切り取つて、時代の「気分」を再確認するのが本の主軸で、その中で「感動」といふものが商材として扱はれる様になつたことを思ひ出した様に批判的に論じてゐる。

ワシも少し前にダイアリーで感動なんてものはもはや経済を語る指標の一つにすぎないつてこつた などと吐き捨てたことがあつたから、本書の主旨に大きな違和感はない。しかし、一つの論として本書を眺めた場合、随分と論理が粗雑である様にも感じた。嘘は言つてないんだらうけど、それとそれを結び付けるの‥‥? とか、なんでそこだけクローズアップするかな? とか、そんなのが色々とある。一年前に大騒ぎした「シューティングゲームにおける戦闘美少女の歴史」関連ほどではないが、ある種それに似た種類のモヤモヤが。とりあへず「昭和二十八年生れの著者の視点による昭和・平成文化史」として捉へておくものとしたい。

それにしても、これほど扇情的な書名をつけ、帯の惹句に「小泉劇場」と例を挙げておきながら、あの「感動した!」発言について本文中で一切触れられてゐないのはどうしたことか。時代が醸成した気分が「感動」の大安売りとなつて顕れたそのひとつの象徴としての小泉発言を採上げないのは、わざとだとしたら意味が分らないし、忘れてゐたのだとするとそれこそ前段で挙げたワシの疑問を象徴的に顕してゐると思ふ。随筆としては読めるけれども、論としては随分と精度が低い。

表紙の帯とAmazonの商品説明だけを読めば本書の内容としては十分で、それ以上の理解や情報を得られる訣ではないので、読んで損したとまでは思はないけれど、他に思ふこともないかな。

2005年10月15日土曜日

[][][]はい、こちら国立天文台―星空の電話相談室(長沢工, 新潮文庫)

はい、こちら国立天文台―星空の電話相談室 (新潮文庫)

はい、こちら国立天文台―星空の電話相談室 (新潮文庫)

なんだか小川一水小説みたいなタイトルだな。まあ、「現場モノ」の雰囲気を出すには丁度いいのだらう。

国立天文台広報普及室に勤務してゐた著者のエッセイ。面白いことは面白いのだが、読み進めるうちに若干もにょもにょしたものを感じた。あれだ、昔サポセン系サイトを読んだ時に感じたやつ。ああしたものに何の屈託も感じない人が読めば文句なしに面白いのかもしれないが、生憎オレはさうではなかつた。

オレが期待したのはもつと天文台の研究とか運営そのものに寄つた内容であつて、しかしこの本の主題はあくまで電話を通じた相談者とのやり取りであり、そのやり取りの大半は言葉は悪いがしやうもないものなのだつた。なんだか天文学に興味を持つより先に門前払ひを喰つたやうで、なんともやりきれない読後感がある。

ドキュメンタリではなくエッセイなのだからそんなものといへばさうなのかもしれない。でもやはり、過剰なロマンチシズムに満ちた内容である必要はないにしても、「なんか知らんが凄いことをやつてるぞ」といふ期待感くらゐは持たせてほしいぢやないか。的外れかつ高望みなのかな。

2005年08月02日火曜日

[][][][]徳川慶喜家にようこそ-わが家に伝わる愛すべき「最後の将軍」の横顔(徳川慶朝, 文春文庫)

十五代将徳川慶喜公の曾孫にあたる著者による随筆。将軍直系の家柄ながらもごく普通の社会人として世を過ごす筆者が極めて小市民的な感覚で綴る文章から、目立つて得られる知見はない。知見を得なければ読む意味がないといふ訣でもないけれど、あまりに普通すぎた。著者自身がさういふスタンスで書いてゐるので、特に批難の意味を込めてゐるつもりはない。

ただ、写真を趣味にしてゐたといふ慶喜が手づから撮つた写真が何枚か掲載されてゐて、これには大変興味を惹かれた。いい写真だ。できれば他の写真もぜひ見てみたいので、同じ著者が纏めた「将軍が撮った明治―徳川慶喜公撮影写真集」を読む機会をいつか作りたいと思つた。

2005年07月25日月曜日

[][][][][]恐るべき旅路 ―火星探査機「のぞみ」のたどった12年―(松浦晋也, 朝日ソノラマ)

恐るべき旅路 ―火星探査機「のぞみ」のたどった12年―

恐るべき旅路 ―火星探査機「のぞみ」のたどった12年―

火星の周回軌道投入に失敗した探査機の、プロジェクトの一部始終を追ふドキュメント。過剰に夢を語るでもなく、「税金の無駄遣ひ云々」と無駄に批判的になるでもなく、時に鋭い指摘を交へながらも淡々と記述されてゐる。そして、それ故に、読みながら涙を堪へるのに苦労した。

探査機一個打上げるのにしなくていい苦労を散々して、それでも何とか空には上げて、できる限りの力を尽して、結局目的は果たせないまま、それでも探査機は今なお地球と火星の間を天体として巡り続けてゐる。世の中があとほんの少し宇宙開発に優しければ、PLANET-Bは今頃火星、あるいは金星の周回軌道を巡つてゐたかもしれない。でも現実はたつたひとつ。火星へと向ふ途上で「のぞみ」に発生したトラブルは、起るべくして起きたのだ。その現実の重みに、泣いた。

だきにだきに2007/04/25 21:16個人的に好きなほう出たら買う

2005年07月05日火曜日

[][][][][]スペースシャトルの落日-失われた24年間の真実-(松浦晋也,エクスナレッジ)

スペースシャトルの落日~失われた24年間の真実~

スペースシャトルの落日~失われた24年間の真実~

一気に読み終へた。この分野に興味を持つた状態で最近の情報をある程度仕入れてゐればそれほど耳新しいことが書かれてゐるとまでは感じられず、どちらかといふと「ふむふむ成程ね」といふ意識で読み進めがちだが、それでもやはり「翼の付いた宇宙船」といふものに対する誘惑(あるいは呪縛)は簡単にが拭ひ去り難いものだとも思つた。

スペースシャトルのオービターが着陸するあの絵面と比べると落下傘による海上への帰還はどうしても技術的に後退した様に(有体にいへば格好悪く)映つてしまふ。そのどうしようもない洗脳状態から目を醒ますためにも、この本が多くの人に読まれて欲しいものだ。

[][][]ウェブログの心理学(山下清美/川浦康至/川上善郎/三浦麻子,NTT出版)

ウェブログの心理学

ウェブログの心理学

基礎教養として目を通しておいて損はない。控へ目な言ひ方だがこの本はそれが全てであり、そのために読む価値はある。

[][][]新宗教と巨大建築(五十嵐太郎,講談社現代新書)

新宗教と巨大建築 (講談社現代新書)

新宗教と巨大建築 (講談社現代新書)

近世末期以降に勃興した日本の新宗教を題材にし、その教義を具現化したものとして建築を捉へて解説を試みる本。

なかなか面白かつた。関西出身なので幕末期の天理教金光教大本教などがそれほど遠い世界のことでもない割に、ではそれらのことをどのくらゐ知つてゐるかと改めて問はれれば、親類縁者に信者が居ないのでほとんど何も知らないことに気付かされた。精々、奈良で親類の結婚式に出たときに同じ建物で挙式のあつた別の家の新郎新婦が、天理教式に則つて黒い着物を着てゐたのを見た程度か。

本の前半を占める、その天理教の教義と建築に関する部分は読んでゐてある意味興奮した。なんと壮大な構想であり、しかもそれが着々と完成に近づきつつあるといふ。

Google マップで表示させてみた。この中心点が天理教本部で、それを四角く取り囲む様な建物が見える(参考:【お知らせ】)。いつかこれが完成すれば、完全に四角い宗教空間が出来上がるといふのだ。語彙の不足を呪ふしかないが、それにしても面白いではないか。

新興宗教がどの辺りから際物扱ひされなくなり社会的な立場を得られるやうになるものかと考へると、それは概ね教祖が死んで教団が組織的な安定を求めるやうになつた後だらう。それにはやはり数十年といふ時間が必要で、それを乗り越えた新宗教の持つ迫力のやうなものを感じた。

[][][]テロルの決算(沢木耕太郎,文春文庫)

テロルの決算 (文春文庫)

テロルの決算 (文春文庫)

昭和三十五年に起きた社会党委員長刺殺事件を題材に、実行犯山口二矢と殺された浅沼稲次郎の人生が如何に交はつたかを描くノンフィクション小説大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

二人の人生を描く作者の筆致があまりに真直ぐで、綺麗にまとまり過ぎてゐて、さて「事実は小説より奇なり」といふが本当に奇なるものは事実なりや小説なりやと考へ込んでしまつた。

傑作だと思ふ。

2005年05月16日月曜日

[][][]職業欄はエスパー(森達也,角川文庫)

職業欄はエスパー (角川文庫)

職業欄はエスパー (角川文庫)

超能力者として一度はメディアで話題を集めたことのある三人を追ふドキュメント。

途中でも書いたことだが、超能力者たちの生き方よりも彼らへの接し方に戸惑ふ著者の様子が面白かつた。それが世間を代表する態度であるとはいへないにしても、社会における超能力者の受容れられかた(あるいは拒絶のされかた)の有り様を示してゐる。

著者は何度も「(超能力を)信じるか信じないか」といふ選択を自らに突きつける。このテーマを追ふ限り、どこの誰に会つて話しても最後はその二択に行き着いてしまふといふ。本当は、その二択が究極の選択ではないはずであることくらゐ、著者も分つてゐるだらう。しかし、最後にはそこに行き着いてしまふ。そのどちらかを選ばせることで、誰かが誰かを篩にかけようとしてゐるかのやうに。まこと厄介な話だと思ふが、世の中とはそんなものだらう。

関係ないけど、田原町の仏具店とか北千住の幽霊スポットとして名高いアメージングスクエア(大和但馬屋カートオフの会場であるシティカートの所在地)とか、妙に馴染みのある場所が出てきて可笑しかつた。さうか、オレは清田氏と自転車で擦れ違つてゐる可能性が高かつたのか。

2005年04月29日金曜日

[][][]歴史学ってなんだ? (小田中直樹,PHP新書)

歴史学ってなんだ? (PHP新書)

歴史学ってなんだ? (PHP新書)

その名の通りの内容。歴史学の定義、歴史学と社会との関り方や位置付けなどを著者なりの視点で述べる。

面白かつた。読み易く分り易い語り口で、話題そのものは一見あちこちに寄り道もするが、ところどころに鋭い指摘が含まれてゐる。歴史学に留まらず、「物の考へ方」の変遷の概略を知るのにも良い。

「歴史学は社会の役に立つか」あるいは「社会の役に立たねばならないか」といふ問掛けは、歴史学だけでなくあらゆる学問、あらゆる文物に共通する。これに対する著者の答は以下のやうなものだ。

直接に社会の役に立とうとするのではなく、真実性を経由した上で社会の役に立とうとすること。集団的なアイデンティティや記憶に介入しようとするのではなく、個人の日常生活に役立つ知識を提供しようとすること。このような仕事に取り組むとき、歴史学は社会の役に立つはずだ

これには「役に立とうとするほうがよいに決まっているが、そうしなければならないとまではいえない」という、ちょっと中途半端なものになりますといふ前置きが付く。全く、歴史学だけの問題ではない。何につけても、近視眼的な即効性にばかり重い価値を求めると、物事を歪ませてしまふものだ。

2005年04月26日火曜日

[][][]「大岡裁き」の法意識 西洋法と日本人(青木人志,光文社新書)

「大岡裁き」の法意識 西洋法と日本人 (光文社新書)

「大岡裁き」の法意識 西洋法と日本人 (光文社新書)

明治以降、西洋の近代法が日本人にどう受容されてきたかを振り返る。

タイトルにある「大岡裁き」はこの本の中では全く重要でなく、タイトルに惹かれて本書を手にしたオレには肩透しの感が否めない。

ただ、西洋(といふかヨーロッパ)で培はれた近代法、と一括りにはできないほど個々に成立の事情も性格も全く異るフランス法イギリス法、ドイツ(プロイセン)法などを、明治日本の法学者達がどの様に学び、取り入れ、また棄てていつたかを概観できたのは収穫だつた。

「大岡裁き」を例に、日本の裁判と欧米のそれとの違ひを浮彫りにする第四章がこの本の主題だと思ひたいのだが、ここは少々煮え切らない。各説を取上げて紹介しながらも、著者の態度はそれぞれの「ええとこどり」をすれば良いではないかといふ印象で、実際的ではあるがサプライズには欠ける(そんなものを求めるオレが悪いだけだ)。

印象に残つた点をいくつか箇条書き。

  • 欧州諸国語の「権利」(英語でright)といふ言葉には「正」「直」「法」といつた意味が内在してゐるのに、「権利」といふ訳語からはそれらの意味が削ぎ落とされてゐる。これが日本人の権利意識に影響を与へてゐるといふ一説(P.115-)
    • 「権利」といふ言葉がなかつたからといつて、例へば明治以前に日本人に権利意識がなかつた訣ではないといふ反論(P.119-)※個人的には、この反論は問題をすり替へてゐると思ふ
  • 日本に近代法をもたらした御雇外国人ボアソナード博士の建議により明治前期に拷問が廃止されたが、ボアソナードの眼前で拷問を行つてゐた司法官は明治後期になつても彼のことを「法律家に似合ぬ慈悲深い男」と揶揄してゐたこと(P.128-)
  • 昨今流行の「自己責任」といふ言葉について、他者にそれを求めるのは自分の責任回避の発露でしかなく、「自己責任」の本来の意味からは逆行してゐるといふ著者の指摘(P.197-)

あと、どうにも引掛る記述を引用する。

不継受と廃棄の法制史

読者にはふたたび第一章の穂積陳重の姿の変遷を思い起こしていただきたい。マゲから一気に蝶ネクタイへ。このような柔軟さは、日本の法受容史を貫く顕著な特質のひとつだろう。

明治維新以来、たかだか三〇年のうちに、幕府法・藩法が棄てられ、律令が棄てられ、せっかく新しく学んだイギリス法も棄てられ、同じくフランス法もかなりの部分が棄てられ、ついには頭の古い司法官そのものが棄てられた。

そして、このあと第二次世界大戦後にも、またたくさんのものが棄てられることになる。わたしたちの先達は、その時々の状況に合った西洋法(学)を貪欲に摂取する一方で、実に潔く多くのものを棄てつづけてきたのである。

(略)

明治人たち、少なくとも国の中枢にあって西洋的近代化を推進した人たちは、おそろしく柔軟性があり、すさまじく進取の気象(ママ) に富んでいたというべきである。

「大岡裁き」の法意識 西洋法と日本人:P132-133

今もかうしたことが日本人の美点として語られるのである。

明治から昭和二十年代にかけての日本人が、生き延びるためにさうせざるを得なかつたといふのは歴史的な事実だ。しかしそれは、さうせざるを得なかつただけのことであつて、それ以上でも以下でもない。少なくとも、諸手を挙げて称揚すべきことだとは思はれない。「要らなくなつたら棄ててまた新しいものを取入れればよい」といふのは一個人の世渡り手法としては有効であつても、では取入れられるものがなくなつた場合にどうしたものかといふ問ひには答へられないだらう。今あるものが実情に合はなくなり、手本にすべきものも無くなつた時に、「旧いから」といふ理由だけで棄てられたものの中から新たな価値を見出せるだらうか。オレはさうすべきだと思ふが、今のところそんな考へは到底世の中には受容れられまい。つまるところ、何でもかんでも棄てられると思つたら大間違ひだぞ、と。

あと、終章はまるまる駄文。どうもこの著者は空疎な譬へで言葉を飾りすぎる嫌ひがある。古い鏡は今や新しい光を宿し盛んに輝いているからであるとか、読んでるこちらが恥かしい。

2005年04月21日木曜日

[][][][][]キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ(川島レイ,エクスナレッジ)

キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ

キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ

大学生による、十センチメートル立方の超小型人工衛星打ち上げ成功の記録。

もちろん、この本の結末がどういふことになつてゐるかは既に知つてゐる。隠された事実でも何でもなく、現に二つのキューブサットが今も軌道上を回つてゐるわけで、さういふ意味では安心して読めるはず。しかしまあ、その結末に至るまでに起きたことどものなんとドラマチックであることよ。ある局面では、ほとんど詐欺紛ひの目にさへ遭つてゐるではないか。よくもまあ打上げまで漕ぎ着けられたものだ。

仮に、「プロジェクトは必ず成功させなくてはならない」といふスローガンめいたものを大前提として掲げてみる。「なぜ成功させなくてはならないか」といふ理由など必要ない。この前提の前には、現れてくるすべての「理由」は「なぜ成功しないか」を説明するものでしかなく、そのことごとくを退けたものだけが成功を味はふことができるのだと、さういふ風に読んだ。

これは別に「成功することだけを信じていればよい」といふ精神論ではない。「成功しない理由」を退けられるのは具体的な目標であつたり、複数の回避策を講じておくことだつたり、人間関係を築いておくことだつたり、一度失敗しておくことだつたり、あるいは運だつたりもする。ただ、当事者が「成功しない理由」を退けられると信じてゐないことにはどうしようもないわけで、信じる信じないといふより「さういふ感覚を持てるかどうか」なんだらうな。

「プロジェクトは必ず成功させなくてはならない」といふ大前提に沿へば、自分が身を引かなくてはならない場合(学生だつたら卒業もするし、何が起るか分つたものではない)でもプロジェクトが止まることは有得ない。当り前のことばかりだが、日頃プロジェクトが前に進まない理由にまみれて生きてゐる身にしてみれば、読み進めながらいろいろとつまされるものがあつた。

それにしても、本当に小さいよキューブサットは。何となく名前からの連想でニンテンドーゲームキューブくらゐの大きさを想像してしまふのだけど、実際は‥‥

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報