大和但馬屋読書日記

この日記は

2006年02月13日月曜日

[][][][][]コッペとBB団 その2(田口仙年堂,ファミ通文庫)

ああ、もう上手いなあ。薔薇の騎士のキャラづくりなんて今更ピクシィミサですか手垢つきまくりだろと最初は思つてたのが、さういふ風に持つていくのかと感心させられた。上手いなあ。

どちらが善でどちらが悪かといふテーマ自体もさう珍しいものではないけれど、その作品世界で「正義のヒーロー」と「悪の組織」が最初になぜその様に定義づけられて広く認知されるに至つたかが気になるといへば気になる。一巻目で説明されてたかな? よく覚えてないので後で読み返さう。たぶん、今回明かされたデイストーンの秘密とも関つてきさうだ。

後書きがほとんど「ガーゴイル」のことばかりなのはどうかと思ふ。ところでコッペとガーゴイルは実のところ表裏一体といふか、似たもの同士なんだよな‥‥と気がついた。それでいて同工異曲といふ感じもしないし、大したもんだ。

文章表現で一箇所だけ引掛る点があつたが、これは編集者が気付いてフォローすべきところではないかな。

2005年08月11日木曜日

[][][][][]コッペとBB団 その1(田口仙年堂,ファミ通文庫)

コッペとBB団 その1 (ファミ通文庫)

コッペとBB団 その1 (ファミ通文庫)

他のを読みたいなと思つたら、たまたま新シリーズが始まつたのでそそくさと読んだ。

うん、素晴らしい。特撮ヒーローものの悪役をパロディ的に扱ふテーマの作品は時々出てくるけれど、所詮はパロディといふ感じであまり楽しめるものではなかつた。この作品も際どいところで、読み始めた時はかなり不安だつたのだけど。

いや、実に素晴らしい。コッペの能力をわざとらしく隠しておいて、クライマックスで嫌ボーンといふ展開になんかなつてたら読むのをやめるところだつたけど、そんな陳腐な話ではなくて。

新鮮味も手伝つて今は「吉永さん家」より続きが楽しみになつてゐる。もちろん「吉永さん家」の続きが読みたくないわけではないけれど、舞台を変へても面白い作品がいくらでも書ける力量のある人には、ひとつの世界に固執しすぎないでゐてくれた方が嬉しいかな、とも思ふ。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報