大和但馬屋読書日記

この日記は

2007年08月15日水曜日

[][][][]カラクリ荘の異人たち(霧島ケイ,GA文庫)

夏らしい異世界探訪話。盆に読むには丁度良い題材だつた。

扱つてゐる題材はそれなりに面白いのだが文章に今一つ味が足りなくて惜しかつた。決して下手ではないけれど。

あと、同じ日に読んだもう一冊ほどではないがやはり最後を投げ気味の気が。本作の場合エピローグの章を設けて主人公太一の日常のささやかなる変化、特に采奈との関係について等に僅かでも触れなくてはなるまい。え? これで終り? とページを繰り直してしまつたほどだ。

続き物の開幕といふものへのスタンスが業界ごと変りつつあるのかなあ。文藝としては明かな退歩だと思ふ。

秋山瑞人が沈黙してしまつたこと、「ハルヒ」の新刊が延期になつたままであることなど、直接関係のないネガティブな事象を何故か連想してしまつた。

[][][][][]マルティプレックス(田村登正,電撃文庫)

「エンダー」もの。高校生が遊んでゐるバーチャル戦争ゲームと思つてゐたものが実は‥‥といふ話。その「‥‥」の先がこの巻では全く明らかにされなかつたのは肩透かしだつた。主人公が真実に気付く過程の運びは悪くないものの、シリーズの一冊目として三百五十ページも費やして投げ放しエンドといふのはいただけない。

書き手はそれぞれのエピソードに対して一区切りつけたつもりかもしれないが一冊の本として纏めきれてゐない。作者の力量に因るのでなければ編集者の方針といふことにならう。かういふのが当り前になりつつあるのだらうか。

読後感が消化不良すぎて面白かつたどうかもよくわからないが、少なくとも「エンダーのゲーム」や「All You Need Is Kill」を読んだ後の様な味はひをこのシリーズから得る機会は逃してしまつたやうだ。続刊が出てからの纏め読みならよかつたかもしれない。しかしさういふ読み方では続刊の出版自体が危ふくなるこの時世。ままならんの、と嘆く前に話を一冊で纏めてくれ。

2007年08月14日火曜日

[][][][][]灼眼のシャナXV(高橋弥七郎,電撃文庫)

灼眼のシャナ〈15〉 (電撃文庫)

灼眼のシャナ〈15〉 (電撃文庫)

五巻に一度の外伝、今回は『約束の二人』の過去編。本編との繋がりは何処に、と思へば『彩飄』フィレスが吉田一美に託した宝具の意味を読者に再確認させるための物語であつた。

ただの脇役として登場したかに見える『空裏の裂き手』クロード・テイラーの過去が語られるにつれ、彼こそがこの物語における坂井悠二なのだと気付いたら俄然面白くなつた。クロードの妻が『約束の二人』に託した最後の言葉が胸を打つ。そして今まさにこれを書いて、クロードの妻が最後の言葉を託した相手の通り名が『約束の二人』であることに気付いたら、それが感動に変つた。

表面上の主役であるフレイムヘイズたちの話として読んでゐる間は、ハワイが舞台であるといふ個人的な「TDU」補正なくしては興味を持続させられなかつたけれども、読み終へた今は大満足。傑作だつたと思ふ。

それはそれとして早く本編の続きを読みたい。一刻も早く。

2007年08月09日木曜日

[][][][]時載りリンネ! 1(清野 静,角川スニーカー文庫)

時載りリンネ!〈1〉はじまりの本 (角川スニーカー文庫)

時載りリンネ!〈1〉はじまりの本 (角川スニーカー文庫)

食事の代りに本を読むことで情報を摂取して生きる「時載り」と呼ばれる種族の少女と、その幼馴染の普通の少年の物語。モチーフだけ見ると「文学少女」シリーズとか「モモ」とかいろいろ思ひ出す。一方、物語の構造としては「灼眼のシャナ」や「円環少女」などに似てゐる。まあ、それらの様に血腥いアクションではないけれども。まあ、今時のラノベらしくいろんなものを下敷きにしてるな、と思つた。

一冊分の物語の中で、異種族の背景を小出しに説明しつつ話を進める手腕は「シャナ」や「円環」にも劣つてゐないと思ふ。文章も、時々引掛る点がなくもないが巧い表現を沢山持つてゐる印象。

ただ、登場人物全体の年齢設定に若干の無理を感じるのが難点。読み始めた時は彼等が皆小学生だなどと思はなかつたし、途中の展開を考へてもそれで押し通すのは無理すぎる、あるいはそれを許容できる舞台設定になつてないと思ふ。一往、現実世界に近い札幌が舞台の様だし。「りすか」あたりの影響だらうか。

続編ありきの様だが、能力インフレバトルの方向に進まなければ良いな。一見すると能力限定バトル物の体だけれども、その限定の仕方と打破り方が恣意的なので初手から実はインフレ気味ではある。特に語り手である少年が一番怪しいことでもあり。とりあへず続きが出たら読んでみる。

それにしても「透過光」はないと思つた。文脈的にその使ひ方はをかしい。メタな表現として有得ない訣ではないが、どうなのだらう。

2007年08月06日月曜日

[][][][]海をみあげて(日比生典成,電撃文庫)

海をみあげて (電撃文庫)

海をみあげて (電撃文庫)

夏だし夏つぽいものを手にとつて読んでみた。

タイトルと、表紙と、舞台設定がすべてかな。物語そのものは少しあつさり流れすぎて、心に引掛るものがない。もう少し具体的に鯨の謎に踏込むとか、街の人々の鯨に対する感情を煽るとか、街の外の視線から鯨を捉へてみるとか、主人公と鯨の関係を深めるとか、さういふ何かが欲しかつた。良いとか悪いとか以前の何かが。

絵師も影響を受けてゐると公言してゐるからジブリに喩へると、「魔女の宅急便」の前半部分だけ観て終つた感じ。原作童話の「魔女の宅急便」でももう少し深みがあつたと思ふ。読んだの随分前だから忘れてるけど。もう一味あれば学級文庫に置くジュヴナイルとして相応しくなりさうなだけに勿体無い。

2007年08月01日水曜日

[][][][][]ガーゴイルおるたなてぃぶ(3)(田口仙年堂,ファミ通文庫)

表紙からして「誰やねん」と言ひたくもなるが作者によると「新キャラが一人も出てこない」最新作。

鳥屋と愉快な仲間たちvs怪盗百色一家、といふ表向きの話ではあるがメインはやはり錬金術vs古科学。「吉永さん家」本編ではいよいよやりにくくなつたバトル描写をこちらで存分に、といふ方針なのかどうか、今回は九十九色‥‥えーと、ぶつちやけ梨々(といふ本名は出てこないが)のスキルがまたえらいことになつてゐるな。本編七巻の感想として「無茶が過ぎる」などと書いたのが阿呆らしくなるくらゐに。ストーリーもその七巻を受けてのものなので、やはり先に本編を読んでおくべきだらう。

前巻でオシリスを出さなかつたのでさういふ方針かと思つたらあつさりデュラハンは登場(但しやはり名前は出ない)。もうこの先いつ吉永家が、とりわけ元祖ガーゴイルが登場してもをかしくはない気配だが、さてどういつた形で絡めてくることやら。本編での高原親子の関係への決着とも無縁では居られなくなるわけだし、全体をどう纏めるのかが興味のポイントかな。

あれ、さういへば本編十二巻の感想書いてなかつたか。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報