大和但馬屋読書日記

この日記は

2007年02月08日木曜日

[][][][][]灼眼のシャナXIV(高橋弥七郎, 電撃文庫)

灼眼のシャナ〈14〉 (電撃文庫)

灼眼のシャナ〈14〉 (電撃文庫)

もう十四巻か。

密度のある話を疾走感溢れる筆致で云々と、思はず電撃文庫の広報担当みたいなことを書きたくなる。ハマつた者の期待を裏切らない内容だつた。

んー、「早く続きを読ませろ!!」くらゐしか書ける事がないな。とりあへず絵描きの後書きにツッコミいれとかう。炎髪灼眼だつたら美しいかもしれんがその前に銀盤が融ける。

ともかく続きを。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報