大和但馬屋読書日記

この日記は

2006年02月13日月曜日

[][][][]ネクラ少女は黒魔法で恋をする(熊谷雅人,MF文庫J)

ネクラ少女は黒魔法で恋をする (MF文庫J)

ネクラ少女は黒魔法で恋をする (MF文庫J)

今時「ネクラ」といふのもどうか、などと思ひながら読み始めた。

着想をそのまま形にしたといふ感じで、その着想自体は良いのだけど、各方面にあと一歩づつ踏み込みが甘い。なんでもネガティブに自己完結してしまふ主人公が変つていく様も、結局自己完結の域をあまり踏み出てゐない気がするし、その変化の切掛けとなる個々の事象についても割と簡単に流れてしまふ。悪魔を寄せ付けない伊丹書店の秘密とは? とか、大河内との恋を賭けた一大喧嘩が始まるのか? とか、出演するはずだつた舞台はどうなつた? とか、読みながらそれなりに期待を煽られた部分がいくつもあるのに、どれも何ともならなかつたのが惜しい。全部を欲張るとそれはそれで大変だけど、どれか一つにでも踏み込まないと一番重要なテーマまでも流れて行つてしまふ。それらは続編で回収すべきやうなものでもないと思つた。

丁寧に書かれた文章は読み易かつた。それが、良くも悪くも作品の内容を表してゐたと思ふ。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報