大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年12月06日火曜日

[][][][][]憐 Ren 遠いキモチと風色のソラ(水口敬文, 角川スニーカー文庫)

憐 Ren―遠いキモチと風色のソラ (角川スニーカー文庫)

憐 Ren―遠いキモチと風色のソラ (角川スニーカー文庫)

シリーズ完結作、本編としては三巻目。

完結はしたが、この終り方ならば一巻目の時点で終つたのと大した違ひはないやうな。二巻目で新たに登場した人物たちの話が勝手に決着しただけで、結局憐や玲人の行動が未来に影響を与へる訣でもなささうなのが物足りなかつた。まあ、そこまですべきかどうかは好みの分れるところだと思ふ。

ライトノベルの主人公の行動が青臭いのは悪くないといふか、むしろさうあるべきだとも思つてゐるのだけれど、この作品の場合は悪役たる大人の描写の方が青臭くて、そこが読んでゐて居たたまれない部分。「大人の論理」は、せめて大人が読んで共感できるものであつて欲しい。一巻目から感じてゐた未来世界の構造の有得なさといひ、世の中の大人はそんなに馬鹿ばかりなのかと。敵役かあるいは主人公達を導く役として一人でもいいから「魅力的な大人」が登場してゐれば、作品にもつと深みが出たと思ふ。たぶん、作者自身が「大人」嫌ひなのだらう。

口絵の導入部と、巻末のおまけ漫画はよかつた。絵師は良い仕事をした。

絵師はいい絵師はいい2006/05/31 12:01ストーリーは破綻しすぎている。ナイフが掌を貫通していても、腹を刺されても、警察に取調べを受けても、病室の外で「殺す」なんて話を立ち聞きしていても現実感がない。
設定どおりなら当日自分が死ぬことが分かっているはずだが、ほかの過去流しの仲間に今の状況を受け入れる予定を熱く語る人を出している。
一つの本の中で、過去流しの解釈を180度変えているあたりとか痛すぎてなんともいえない。

yms-zunyms-zun2006/05/31 15:06はあ、まあ特に異論はありませんが、私の書いたことに対してのコメントでなく作品そのものについての論評を見ず知らずの私のところにぶら提げられてもあまり意味が無い様に思はれます。次からはご自身のスペースで思ひの丈をぶつけられることをお勧めします。例へばこの日記と同じbookグループに参加されるのがよろしいのではないでせうか。別に迷惑に感じてゐる訣ではありませんが、違ふ土俵に上がられてゐる様にみえます故。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報