大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年10月12日水曜日

[][][][][]銃姫 (5)(高殿円,MF文庫J)

本編から少し寄り道した中短篇集。酸鼻を極めた前巻から一息ついた後日談が二篇に、少し時間を遡つたセドリックとアンの物語。後日談の方は単純な息抜きとして読める。レース織には笑つた。最初はただのウザキャラだつたティモシーの成長ぶりもよい。

それにしても、最後の話はひでえよ。よくあるパターンだけどさ、つか最初からみえみえだけどさ。

あと、現代ものならともかくかういふ雰囲気の話で「真逆」とか地の文で使はれると萎える。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報