大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年10月05日水曜日

[][][][]くるくるリアル(羽田奈緒子,MF文庫J)

くるくるリアル (MF文庫J)

くるくるリアル (MF文庫J)

同じ作者のデビュー作「世界最大のこびと」(感想)の同工異曲。異世界から来た少女が何らかの理由で元の世界での居場所を失ひ、主人公の家に押し掛け、散々騒動を起した末に元の世界に帰るといふ基本的な構造もさうだし、主人公の身近にゐる人物が実は脱いだら凄かつた(違)といつた辺りも含め、全く同じ話と言つていい。

そして、こびとのパウエルなら許されてゐた騒動が、今作のフィーナでは今ひとつ許す気になれない。物語の発端から解決に至るまでのキャラクター達の行動の動機づけが甘く、最後まで読んでも納得できなかつた。どこかで見たやうなキャラばかりだし。

主人公の住む世界(所謂「我々の世界」)は異世界の住人によつて作られたものであるといふ粗筋を見たときは「奥さまは魔法少女」と設定が被つてゐると思つたが、読んでみると全然そんなことはなかつた。といふか、その前提について作者自身あまり興味も思ひ入れもなかつた様で、読者の世界認識を揺るがせるところまで行つてゐない。軸足を常識の範囲内に置きすぎてゐるのではないか。

デビュー作が良かつただけに、どうも後が続かないのが惜しい。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報