大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年08月11日木曜日

[][][][][]コッペとBB団 その1(田口仙年堂,ファミ通文庫)

コッペとBB団 その1 (ファミ通文庫)

コッペとBB団 その1 (ファミ通文庫)

他のを読みたいなと思つたら、たまたま新シリーズが始まつたのでそそくさと読んだ。

うん、素晴らしい。特撮ヒーローものの悪役をパロディ的に扱ふテーマの作品は時々出てくるけれど、所詮はパロディといふ感じであまり楽しめるものではなかつた。この作品も際どいところで、読み始めた時はかなり不安だつたのだけど。

いや、実に素晴らしい。コッペの能力をわざとらしく隠しておいて、クライマックスで嫌ボーンといふ展開になんかなつてたら読むのをやめるところだつたけど、そんな陳腐な話ではなくて。

新鮮味も手伝つて今は「吉永さん家」より続きが楽しみになつてゐる。もちろん「吉永さん家」の続きが読みたくないわけではないけれど、舞台を変へても面白い作品がいくらでも書ける力量のある人には、ひとつの世界に固執しすぎないでゐてくれた方が嬉しいかな、とも思ふ。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報