大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年08月05日金曜日

[][][][][]吉永さん家のガーゴイル(4)(田口仙年堂,ファミ通文庫)

表紙を見て「また新キャラか」と思つたら。いや、この設定はかなりツボなんですが。

口絵漫画を見て「こんどは短編集か」と思つたら。本編全然関係ないやん!!

それはともかく、本編。舞台を変へて、まあ、所謂ひとつの過去話。SF的にタイムパラドックスをどうするか、といふことを一切考慮しなくて済む舞台の作り方が見事。「過去の終つた話」としての恋愛劇も、古典的ながらそこそこ読み応へがあつた。昔のちやんとした映画を一本観たやうな味はひ。あまり奇矯なキャラが出ないのもいい。

明日残り三冊を買つてこよう。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報