大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年07月25日月曜日

[][][][][]憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ(水口敬文, 角川スニーカー文庫)

憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ (角川スニーカー文庫)

憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ (角川スニーカー文庫)

友人が読んで面白いと言つてゐたので手に取つた。なるほどその友人が好みさうな内容だ。

主人公の境遇に関する基本設定があまりに強引といふか不自然で幾らなんでもそんな社会はないだらうと思ふのだが、それさへ許せば、あとは悪くなかつた。ただ全然話が終つてなくて、よく賞が取れたなとは思つた。奨励賞といふことは「続きを書け」といふことなのだらう。と思つたら既に続刊があるらしいので読んでみよう。「時の意志」とやらをグーで殴らないことには話は終るまいて。

だきにだきに2007/04/25 21:16個人的に好きなほう出たら買う

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報