大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年05月25日水曜日

[]読書中メモ(五月二十五日)

戦後政治家暴言録 (中公新書ラクレ)

今ひとつ乗り切れないなー。著者の立ち位置が不明瞭に感じられるからか? 明瞭なのだが無意識的にオレがそれを拒絶してるのか?

保阪の本の中では(と偉さうに言へるほど多くを読んだわけではないが)、珍しくあまり心惹かれない。たぶん、身体を張つて取材する必要のない内容だし、新事実が明るみになる様なものでもないから喰ひ足りなく感じるのだらう。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報