大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年05月19日木曜日

[][][][][]世界最大のこびと2(羽田奈緒子,MF文庫J)

やはり一度終つた話の続編といふのは難しいものだ。一作目がよかつただけに、余計にそれを感じる。

登場人物が多すぎて最後まで使ひきれてないといふか、それは単にアテナの扱ひが不満なだけかオレは。いやアテナ(とかザイスとか)はともかく、パウエルすら使へてないのはどうかと。あと、クライマックス付近での一弥の行動が色々と謎過ぎる。そもそも筋立てが強引なのではないか。

ライトノベルならこの程度の強引さは普通、或いは許容範囲内なのかもしれないが、それを許容させるほどにはキャラが立つてないといふか、先述のやうに扱ひきれてないので、全体的に掴みどころがない。もう少し登場人物が整理されてゐればよかつたと思ふ。いつそ、ガルバの役回りをアテナにさせるとかの方がよかつたのではないか。アテナパウエルの絡みで引張れば一弥の行動にも強い動機が生じたはずだ。一人のキャラクターにひとつの特徴しか与へられてゐないから、結果的に使ひ棄てになつてゐるのが勿体無い。一作目の事件に関つたキャラたちの物分りが良すぎて、二作目の牽引役になり得てないのだともいへさう。

あと、熊井さんが一度も挿絵に描かれてゐないのはあんまりだと思つた。悪いキャラではないのに。

adramineadramine2005/05/19 14:36この先は……。

yms-zunyms-zun2005/05/19 14:51まあ、それが皿でも喰ひますよ、てことで。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報