大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年05月16日月曜日

[][][]職業欄はエスパー(森達也,角川文庫)

職業欄はエスパー (角川文庫)

職業欄はエスパー (角川文庫)

超能力者として一度はメディアで話題を集めたことのある三人を追ふドキュメント。

途中でも書いたことだが、超能力者たちの生き方よりも彼らへの接し方に戸惑ふ著者の様子が面白かつた。それが世間を代表する態度であるとはいへないにしても、社会における超能力者の受容れられかた(あるいは拒絶のされかた)の有り様を示してゐる。

著者は何度も「(超能力を)信じるか信じないか」といふ選択を自らに突きつける。このテーマを追ふ限り、どこの誰に会つて話しても最後はその二択に行き着いてしまふといふ。本当は、その二択が究極の選択ではないはずであることくらゐ、著者も分つてゐるだらう。しかし、最後にはそこに行き着いてしまふ。そのどちらかを選ばせることで、誰かが誰かを篩にかけようとしてゐるかのやうに。まこと厄介な話だと思ふが、世の中とはそんなものだらう。

関係ないけど、田原町の仏具店とか北千住の幽霊スポットとして名高いアメージングスクエア(大和但馬屋カートオフの会場であるシティカートの所在地)とか、妙に馴染みのある場所が出てきて可笑しかつた。さうか、オレは清田氏と自転車で擦れ違つてゐる可能性が高かつたのか。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報