大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年05月06日金曜日

[][][][][]あそびにいくヨ!シリーズ(神野オキナ,MF文庫J)

二巻までは少し前に読み終へてゐたので、残り四巻をまとめ読み。大雑把に奇数巻を学園コメディ編、偶数巻を大ネタ編と分けた場合、面白いのはやはり奇数巻の方かな。作品の持つ傾向として、全てをぶつ壊すバッドエンドには向はないだらうと予め想像がついてしまふ今の状態では、どれだけ話の振り幅を大きくされても結局最後はゼロに収斂してしまふことが分りきつてゐる。そのために、ネタの大きさ自体が空振り気味になつてゐる。両端を固定した縄跳びをうねらせてゐるやうなもので、ラストに至るも驚きが足りない。

ゼロに収斂するのが悪いわけではなくて、ならばそれに見合つた規模の馬鹿ネタを読んでゐる方が心地良いといふこと。大ネタをやるならそれなりに何かを壊すか、徹底的に馬鹿馬鹿しさを追求するかしてほしい。とりあへずアシストロイドの動きを読んでるだけで和むから好きな作品だけど、先が少し心配。

あと、だんだんキャラが把握できなくなつてきた、といふかあからさまに「この人誰?」と思ふキャラが増えてきた。Amazonのレビューなどをみるに、作者の他の作品のキャラらしい。なんといふか、説明なしにかういふのは困るなあ。置いてけぼりな気分ですよ。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報