大和但馬屋読書日記

この日記は

2005年04月25日月曜日

[]読書中メモ(四月二十五日)

「大岡裁き」の法意識 西洋法と日本人 (光文社新書)

第四章、本が残り五分の一といふ段になつてやうやく「大岡裁き」といふ文言が本文に登場(序章は除く)。

ここに至るまでには西洋文化の流入と日本人の受容の仕方といふ馴染み深いテーマが扱はれて、それなりに思ふところはあるが、本の構成としてはやはり「長すぎる前置き」の感がある。

今日の帰りには読了できるかな。

2005 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 02 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 07 | 08 |

カレンダー

bookグループカレンダー

カテゴリ一覧


タイトル一覧(百日分)



テンポラリ


はてなbookグループ

グループトップページ


管理情報