Hatena::Groupbook

読書ノート

2014-08-31

pp.180-2

(けだ)し男尊女卑は百千年の悪習慣にして、(ただ)に凡俗のみならず所謂(いわゆる)学者識者の流に至るまでも、その書に著わし人に教うる所は、結局婦人の窮屈不自由を(もつ)てその淑徳(しゆくとく)と称し、表に言語挙動の優美を奨励すると同時に、裏にはその愛情の機を圧迫して(てん)として知らざるものゝ如くし、天下無数の女性をして(ほと)んど窒塞(ちつそく)するの惨状に至らしめたるは、学者の罪に非ずして何ぞや。

或は学者は婦人の(せい)(しゆく)寡言(かげん)訴うることなきを見て、(みず)から(やすん)ずるものなりとして注意せざるか、(かく)の如きは(すなわ)ち事物の日向(ひなた)を見て(かげ)を知らず、俗に云う人情知らずの愚と云うべきのみ。

世間幾多の好色男子が多妻の(しゆう)を醜とせずして(ひと)り肉慾を(たくまし)うするその多妻中の一人()しくは幾人は、(いたずら)空房(くうぼう)を守り、自身最第一の快楽を犠牲にして良人と(なづ)くる動物に奉ずるものなり。(あたか)も人間界の獣行なれども、学者社会に之を論ずる者少なきは何ぞや。

又人生の不幸にして二十、三十、四十にも足らぬ婦人が配偶を(うしな)うは珍らしからぬことなるに、この不幸を見て世間の人は如何(いかが)の感を()すやと云うに、(ただ)不幸を悲しむのみにして婦人の善後策に再婚を云々(うんぬん)する者少なきのみか、(むし)ろその寡居(かきよ)を励ますの情あるが如し。

是等(これら)の時に当り百事に(くちばし)()るゝ者は多くは男子にして、その男子は五十、六十の老境に(さい)を喪うも()()(ただち)に後妻を求めながら、他人の事とあれば種々の事情を口実にして(あん)にその(さまたけ)を為すこそ奇怪なれ

然るにその寡婦人を見れば累世(るいせい)の遺伝に()り又世教の束縛に慣れ又その身の優美を重んずるの情よりして、黙して寡を守り(あえ)(みず)から再婚を言わざるのみか、(かえつ)て之を拒む者多きを常とす。

傍観ます〱断腸に堪えざる次第なれども、俗界の流風如何(いかん)ともすべからざるなり。

然りと(いえど)(およ)そ人間世界の悪事はその()を消滅して()に帰せしむべからざるの約束にして、因果応報争うべからず。彼の多妻法と()い又若き婦人の寡居(かきよ)と云い、女性(によしよう)()めには至大至重なる愛情の要点を犯されて、その無理無法なる様を(たと)えば、封建武士に武芸を禁じ、学者の筆硯書籍(ひつけんしよじやく)取揚(とりあぐ)るに等しく、無理圧制の返報(へんぽう)(いず)れにか発せざるを得ず。

[福澤諭吉「福翁百話」pp.180-2]

慶應義塾大学 メディアセンター デジタルコレクション


pp.99-102

(さて)その外面を論拠にして東西を比較し、日本の習俗如何(いかん)を問わるゝときは、(これ)に答うるに唯慚愧(ざんき)の二字あるのみ。

古来我国には一妻の外に(しよう)を養うも之を禁ずるの法なく、彼の大名高家(こうけ)(ごと)きは子孫相続の()めにとて特に妾を必要の物に(かぞ)えたり。数百千年来の習慣世に之を怪しむ者もなく、大名以下の種族にても、家産の(ゆたか)なる人は妾を養うこと乗馬を飼うに等しく、某家には馬もあり妾もありと()えば、(おのず)から富貴(ふうき)の装と(よそおい)して認めたるものゝ如し。

(くだつ)て王政維新の天下と()り、万事万物(すべ)て旧弊を除くと称しながら、妾の一事に至りては黙して言う者なく、旧弊依然たるのみか、維新の変革は磊落(らいらく)書生の得意を催おし、妓を(よう)して天下の事を語るなど放言して(はばか)る所を知らず。学者政客、文明の先達を(もつ)(みず)から()る者が、私行(しこう)の一点のみ(かえつ)支那流の腐儒(ふじゆ)を学び、公然花柳の(ちまた)に遊戯して、遂には銭を以て美人を買い、改めて正室の称号を奉つる()おその外に、外妾内妾(したがつ)(へい)し随て()い、新陳(しんちん)出入(しゆつにゆう)犬猫を飼うよりも(やす)し。

上下一様に風を成して以て今日に至り、旧弊ます〱濃厚を致して、官吏も学者も医者も商人も、苟も(いやしく)懐中の少しく温な(あたたか)る者は花柳の春を以て最第一の快楽事と為し、(かつ)(はず)る色なきのみならず、旧幕時代の醜行(しゆうこう)は醜なりと(いえど)(すこぶ)隠蔽(いんぺい)の風ありて、云わば陰に醜を犯したるものが、今は(あたか)も陽気を催おして醜行爛漫(らんまん)、人の()を射ると云うも不可なきが如し。(はなは)だしきは衆生(しゆじよう)済度(さいど)の坊主にして、青楼(せいろう)の酒に酔い花柳の枝を折る者ありと云う。聞て唯驚くのみ。

[福澤諭吉「福翁百話」pp.99-102]

慶應義塾大学 メディアセンター デジタルコレクション


2014-08-04

p.395

生存競争の世に国を立てゝ頼む所は(ただ)硝鉄のみとて、海陸の軍備に全力を注ぎ各国相対して唯(おく)れんことを恐るゝ(…)その軍備の進歩は(いず)れの辺に達して止むべきや。このまゝにして年々歳々唯進むの一方ならんには、遂には人間世界の衣食住を挙げて喧嘩争闘の資に供し、世々子孫喧嘩の()めに生れ喧嘩の()めに働き喧嘩の為めに死することゝ()り、人の智愚器械の精粗こそ(こと)なれ、同類相殺し相食(あいは)むの事実は恰も往古の蛮族に等しき奇観を呈するに至るべし。

[福澤諭吉「福翁百話」p.395]



慶應義塾大学 メディアセンター デジタルコレクション

p.139

妙按(みようあん)なきに苦しむのみなれども、我輩の所見を以てすれば、男女の間に行わるゝ無限の弊事を(かぞ)え立てゝ喋々(ちようちよう)するよりも、何は扨置(さてお)き彼の公然たる多妻法を禁ずるのみにして(かえつ)て大に実効を奏することあるべしと信ずるものなり。

[福澤諭吉「福翁百話」p.139]

慶應義塾大学 メディアセンター デジタルコレクション