Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-09-22

pp.196-7

 今や、金融危機が勃発し、エネルギー危機や食糧危機が現実化し、世界中で国家の権力強化や戦略的な活動が活発化している。ところが、我が国では、国家の自律性を高めるための経験をもったことがなく、新自由主義的な発想以外に政策哲学を知らない世代が、政官財の幹部やオピニオン・リーダーになってしまっている。彼らには、どう国家を強化したらよいのかが分からない。また、(…)そのための手段はすでに放棄されてしまっている。そのため、我が国の指導者層は、政治経済の世界的危機に直面しているというのに、なすすべもなく手をこまねいているしかない。(…)あるいは逆に、見当違いのやり方で国家権力をいたずらに強化しようとするおそれもある。

[中野剛志「コンドラチェフ波動説の復活?」『反官反民 中野剛志評論集』pp.196-7]


ISBN:9784864880015


pp.192-3

 思い起こせば、つい最近まで投機家たちは、これからは革新的な金融商品だ、ITだ、バイオテクノロジーだ、いやナノテクノロジーだと騒ぎ立てていた。それにあわせてジャーナリストや知識人たちもこぞって知識経済の時代が来たなどと講釈をしていたし、まだ言い続けている者もいる。ところが、その投機家たちは、金融商品というヴァーチャルなものに不安を感じて、食糧やエネルギーといったリアルなものに過剰に殺到している。これは世界経済が下部構造から動揺しているのが、表面に吹き出しつつあるということではないのだろうか。そのような不吉なものが感じられるのである。

[中野剛志「コンドラチェフ波動説の復活?」『反官反民 中野剛志評論集』pp.192-3]


ISBN:9784864880015

2017-07-27

pp.291-2

「みんなの党」が躍進した理由の一つは、「反」民主党であると同時に「反」自民党であったからだろう。(…)

オルテガは言う「(…)いまでは、みんなとは、ただ大衆をさすだけである」

(…)大衆的人間の政党であるとみずから名乗り、「空虚な否」を掲げる(…)

何ら新しいプロジェクトを創設するわけでもなく、単に従来の予算の無駄を排するだけの消極的な(…)「反」の改革を好む人間性は、それほど日本人の精神に食い込んでしまっている。

[中野剛志「大衆の好物」『反官反民 中野剛志評論集』pp.291-2]

  • pp.260-3
    • 怯えの時代,pp.166-7

関連


ISBN:9784864880015

p.227

多くの人が、証拠不十分でも自由貿易を疑わないのは、それが、政治抜きでも秩序と繁栄は可能だと考える「原理」だからだろう。自由貿易論は、政治不信に深く根を下ろしている。

(…)議論なき原理主義は、保護主義以上に危険だ。

[中野剛志「覚醒する保護主義」『反官反民 中野剛志評論集』p.227]


ISBN:9784864880015

2017-07-03

p.131

今日の日本*1における政治、経済、文化、教育の荒廃は、究極のところ、言葉の軽視と表現の貧困による。思考を豊かにし、感情を整えるものである言葉の衰退が、思考の単純化と貧困化を招き、感情の不安定化と暴力化をもたらし、社会の堕落と野蛮化を引き起こしたのである。

[中野剛志「表現について」『反官反民 中野剛志評論集』p.131]


ISBN:9784864880015

p.130

真のニート対策とは、合理化を否定することでなければならない。

[中野剛志「表現について」『反官反民 中野剛志評論集』p.130]

ISBN:9784864880015

*1:’05年6月