Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-02-22

pp.174-5

サパティスタの(…)ニュースが世界に広まった時(…)民主主義のラディカルな変容を目指す反乱集団としてではなく、あくまでも土着的な自律を要求するマヤ・インディアンの集団と定義された。国際メディアは、彼らをもっぱらこのように描こうとし(…)彼らについて重要なことは「アイデンティティ」だとみなした。(…)

彼らは、あくまでもマヤ人なのだから、アイデンティティが構築されるべき過程について、あるいは政治的可能性の本質について、世界に言うことなど何も持っていない、(…)マヤ人が非マヤ人に向けて発することができる政治的主張は、マヤのアイデンティティのみである、(…)マヤ人として政治的な認知することは許される。だが、マヤ人が世界に向けて、マヤ人性のみについてでない何かを発言することは認知しえない、ということである。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.174-5]


ISBN:9784753102518

pp.168-71

こうした*1世界においては、すべての人間的行動は「生産」か「交換」か「消費」に分類される。その中で「交換」は(…)利潤を求める人間の「理性的本性」に駆動されたものとみなされる。消費は人びとが自らのアイデンティティを確立する方法となる。(だが生産については、できる限り議論が回避される)。(…)この市場の論理が深く内在化された挙げ句、(…)人がすることは、仕事でなければすべて「消費」なのだ。(…)この意味で人類学者と世界マーケティング・エグゼクティヴの視点は、ほとんど区別不可能となってきている。(…)

人類学者たちは用心しないと、世界アイデンティティ生産機械の歯車のひとつになってしまうだろう。地球規模の機構となったこの制度は、過去十年ほどの間、地球の(支配階級以外の)すべての居住者たちに、今や(…)唯一可能な政治的主張は、自分が属すグループの「同一性(アイデンティティ)」を明示することのみであると、巧妙に告げている。(…)

われわれが「アイデンティティ」と呼ぶものは、多くの場合、人びとに対して押しつけられたものである。アメリカ合衆国において(…)黒人と同定される者は、存在している間一秒たりともそれを忘れることを許されていない。(…)個人や集団の自己形成、あるいはあらゆる自己創造のための試みは、この極端に暴力的な抑制の内側でなされなければならない(…)。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.168-71]

ISBN:9784753102518

p.156

「民主主義(democracy)」という語彙(…)はあくまでも(…)「中傷」として造語されたのだ。それは(…)民衆(demos)の「kratos(force=力)」であって「archos(rule=統治)」ではない。それを造語した特権(エリート)主義者たちは、民主主義を単純な暴動あるいは暴徒の支配とさほど遠くない意味で使っていた。(…)少数者による人民の恒久的な征服で(…)民主主義を押さえつけることに成功した時、(…)一般大衆が彼らの意志を知らしめる方途は、まさに暴動をとおしてのみとなった。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.156]


ISBN:9784753102518

pp.155-6

古代ギリシアがもっとも競争好きな社会のひとつであったことは、あきらかに意味がある。体操競技から哲学から悲劇に至るまで、ほとんど何でも公共的な競技にして、一人残らずそれに参加させようとする社会だった。だから政治的な意志決定さえも公共的競技にしてしまったのは、さほど驚くべきことではない。だがここでより重要なことは、これらの決定が武装した大衆によってなされていたということである。(…)ギリシアの傭兵の一隊が、指導者を失い*2、ペルシアのど真ん中で退路を失う。彼らは改めて将校団を選抜し、次に何をすべきか決定するために票決する。(…)票数が六〇対四〇だったとしても、誰もがみな、力の拮抗状態とそれらが衝突するとどうなるか了解している。それぞれの票は極めて現実的な征服なのである。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.155-6]


ISBN:9784753102518

pp.150-4

 多数決制民主主義は、その起源において、本質的に軍事制度であった。

(…)

 学者たちが、スラウェジ(Sulawazi)あるいはタレンシ(Tallensi)村の評議会を「民主主義的」と見ることに抵抗がある真の理由は――単純な人種差別、(…)ペリクレスと同じ次元の存在だと認知することへの抵抗の他に――彼らが「票決しない」ということである。(…)世界中で、オーストラリアからシベリアまで、(…)平等主義的な共同体は、むしろ「合意形成過程」のいくつかの変形を好んできた。(…)

皆が平等に向かい合うような共同体においては、ほとんどの成員が何をしたいか理解することのほうが、それに同意しない人びとを説得する方法を考えるよりもはるかに簡単だからである。「意志合意決定」は、大多数が少数をその決定に従属させることがない社会に特殊なものなのである。(…)無理に従わせることがないならば、(結局は誰かが敗者とみなされる公共的競技としての)票決の必要はないのだ。

票決とは最終的に、屈辱、怨恨、憎しみを生み、共同体の内的崩壊を確実にする方法である。

合意を獲得するための手が込んだ困難な過程と見えるものは、実際には、誰も自分たちの考え方が無視されたと感じて出ていってしまうことがないように(はか)長期の過程なのである。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.150-4]

  • 404 Not Found Download

ISBN:9784753102518

p.149

北米において「合意形成過程」は、(…)六〇年代新左翼の(…)フェミニスト運動において現れた。ただしその手順の多くは、そもそもクエーカー教徒、そして(…)クエーカー自身は、それらはアメリカ先住民の実践から学んだものだと言っている。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.149]

ISBN:9784753102518

pp.145-6

サパティスタの権力奪取という思想の拒絶と、それに代わる民主主義的自己組織化のモデルを創造することでメキシコ全土を刺激していこうとする試みから、これは始まった。(…)アルゼンチン経済の崩壊と強力な大衆的蜂起が、再びひとつの政治家のグループを別のグループに挿げ替えることで解決を図ろうとする思想そのものの拒絶を体現した。(…)彼らが新しい政治の代わりに創造したのは、(…)代案的(オルタナティヴ)な制度の広大な網状組織(ネットワーク)であった。簡単に言って、それらは「直接民主主義」というテーマの無限のヴァリエーションだったのだ。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.145-6]


ISBN:9784753102518

*1:「ことに「創造的消費」という修辞法(レトリック)が、新たな世界市場のイデオロギーになっている」

*2:p.8

2017-02-21

p.136

革命勢力とはつねにもっとも疎外されていない者たちともっとも疎外されている者たちとの暗黙の同盟を含んでいる。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.136]

ISBN:9784753102518

p.135

真に疎外されていない人間とは、もはや人間でさえない。一〇万年前に生息していたかもしれない、ある種の完璧な猿である。彼らは仲間とも自然とも、今日では想像しえないテレパシーのような方法で繋がっていたとされる。

真の革命とは何らかの方法でそのような存在に回帰する以外ない。

だが面白いのは、一体どうして、このような事象を愛好する者たち*1が、あれほど見事な政治行動を慣行しうるのか?ということである。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.135]



ISBN:9784753102518

pp.133-4

人種的憎しみを駆り立てるもっとも簡単な方法は、他のグループが快楽を追求する上で採用する方法の奇怪さ、邪悪さを強調することだという――不穏な理論的洞察

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.133-4]

ISBN:9784753102518

p.131

官僚機構が馬鹿を創造するのではない。官僚機構とはむしろ(力の両義性に対応しえないことからくる)すでに本性的に馬鹿な状況を管理する方法なのである。

(…)虐げられた人びとは、彼らを抑圧する者たちを、彼らが自分たちのことを気にかける以上に気にかけている。だがこのこと自体が構造的暴力の効果でもある。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.131]


ISBN:9784753102518

p.130

 われわれのほとんどは、彼ら*2の存在を考えずに生きるためだけに、(…)考えることさえあきらめている。(…)ひもじさで倒れそうな女性が、食べ物の山から数メートル離れて立っている。だが、われわれにはそれを取って彼女にあげることができない。なぜなら棍棒を持った男たちが現れ、われわれを打つからである。アナーキストたちは、このことをわれわれに思い起こさせることをよしとする。たとえばデンマークのスクワッター共同体「クリスティーナ」では、クリスマス季に(…)デパートから玩具を盗って路上の子供たちに分配するのである。警官がサンタの小父さんを棍棒で打ち、泣き叫ぶ子供たちから玩具をひったくる情景を万人に味わってもらうためである。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.130]


ISBN:9784753102518

pp.128-9

ジョナサン・フリードマンのような人類学者は「古代の奴隷は単に資本主義の古い姿であった」と主張しているが、それに対してわれわれが、はるかに難なく主張できるのは「近代的資本主義は単に古い奴隷制の新しい姿である」ということである。つまり今日では、誰かがわれわれを売ったり貸したりする代わりに、われわれが自分たちを貸し出しているのだ。だがそれは根本的に同じ配置関係である。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.128-9]


ISBN:9784753102518

p.127

私はかつて「領地的国民国家」が勝ち残った理由は、西洋の支配階級が、このグローバリゼーションの初期段階*3において、中国をモデルにしたからではなかったかと示唆した**。当時、統治の基礎となり、国民文学を創造し、またそのような国民文学によって教育された官僚によって執行される法制度に服従する同一の人口を形成すべきである、という儒教的な考え方こそが、彼らの理想に合致したのである。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.127]

ISBN:9784753102518

pp.124-5

「反グローバリゼーション運動」の活動家たちが掲げるもっとも一貫した要求事項のひとつが「国境制限の削除」であった(…)この要求は、しばしば「世界市民(global citizenship)」という思想をもって主張されてきた。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.124-5]

ISBN:9784753102518

*1:原始主義者(primitivist)

*2:「人を棍棒で打つことを訓練された男たち」(p.129)

*3:「一六―一七世紀」

2017-02-18

p.114

コンゴの君主制(…)はポルトガルが一五世紀の終わりに最初に現れた時、当時のポルトガルやスペインの君主制ほど儀礼化されていなかった。(…)だが後に王国が内戦で崩壊し、ますます小さく断片化していった時、初めて、統治者が極度に神聖化されていった。手の込んだ儀礼が発明され拘束が倍増していった。そしてついに「王たち」は小さな建築に閉じ込められ、玉座を受け継ぐ折には実際に去勢されるまでになった。その結果、彼らはほとんど統治しなくなっていった。当時にバコンゴのほとんどは実際に自治形態に移行したが、それは奴隷売買に苦悶し、喧騒に満ちた体制となった。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.114]

ISBN:9784753102518

p.113

過去一五〇年ほどの間、サカラヴァの第一の忠誠の対象は、とうに死んでいる王朝の成員なのである。生きている王族の人びとはほとんど無視されているのに対して、古い王たちの霊廟は、いまだに人びとの幅広い共同作業として再建され飾られている。つまりこれらの作業が、もっぱらサカラヴァの(しるし)なのである。そして死んだ王たちは、通常平民の子孫で老女が任ずる魂の伝達者をとおして、いまだに彼らの意を知らしめている。

 マダガスカルの他の多くの地方においても、誰も死ぬ前に十分な権威を持つことはない。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.113]


ISBN:9784753102518

pp.108-10

「人種形成性(ethnogenesis)」は、きわめて新しい視点だが、ますますあきらかになりつつあるのは、人類史のほとんどが、絶えざる社会的変遷に特徴づけられてきたということである。何千年もの間、それぞれのグループが時間を超越したかのように先祖の領土に定住してきた、ということなどなく、つねに新しいグループが形成され、古いグループが消滅してきた。われわれが「部族(tribes)」、「国民(nations)」、あるいは「民族(ethic groups)」と考えてきた集合性の多くは、そもそも何らかの共同企画(プロジェクト)をもとにして形成されたものだったのだ。(…)だが時がたつにつれ、ある時点で「企画(プロジェクト)」だったものが、「同一性(アイデンティティ)」となり、「自然」とみなされるようになった。それらは「自明の理」または「共有財産」へと骨化し凝固していく。

(…)

 ここで私にきわめて切実に見えるのは、この「石化(petrification)」が、社会的企画(プロジェクト)にのみ当てはまることではないということである。それは国家自体にも起こりうる。そしてこれこそ、社会的闘争の理論家たちがほとんど注目しない現象なのである。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.108-10]


ISBN:9784753102518

pp.104-5

歴史を学んだことのある誰にもお馴染みの事実、つまり支配的特権階級(エリート)は(一夫多妻でもなければ)人口統計的に、自己再生産することは絶対不可能であり、常に新たな血を雇い入れる方途を必要としている、ということ(…)

 ジェンダー関係は、もちろんまさに「血縁関係(kinship)」の編み目をなしている。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.104-5]

ISBN:9784753102518

p.103

 ほとんどのアメリカ人は、世界が「人種」によって分断されていると見ている。(…)同じ家系と地理的出自を共有する集団によって分断され(…)そこから起因する体系が、性関係、婚姻、財産相続を統制し、そのことで社会的不平等を創出している。以上のことをアメリカ人は信じているということである。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.103]

ISBN:9784753102518

p.99

誰に対してであっても、一六―一七世紀のヨーロッパ人のように振舞う可能性があるとみなす方が、はるかに侮辱的だと思われる。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.99]

ISBN:9784753102518

pp.93-4

権力と支配の特定の形態を拒絶し、それに立ち向かいつつ、社会関係を(その集団の内部からさえ)再構築する、(…)革命的な行動は、必ずしも政府を転覆することを目指す必要はない。権力の目前において*1自律的共同体を創造する試みは、まったく革命的な行動と定義しうるのだ。そして歴史が示しているように、こうした行動の継続的な積み重ねは(ほとんど)すべてを変革してしまうのだ。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.93-4]

ISBN:9784753102518

p.90

 (かつて一世を風靡した「発展途上世界」にとってのロシア革命の魅力は、そこではこれら両方の革命*2が起こったかのように見えたことからきていた。つまり国家権力の奪取が、敏速な産業革命に導いたことである。その結果、二〇世紀に勃興したすべての世界南部の政府は、産業力にものを言わせて経済力を勝ち取ろうとしたが、それらは同時に革命的な政権を自認していた。)

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.90]

ISBN:9784753102518

p.88

 そこでわれわれは本来の問題に後戻りしている。われわれが住んでいる世界と「原始的」「部族的」(あるいは「農民的」)とみなされる人びとが住んでいる世界との間には、絶対的断絶があると想定されている。これは人類学者の責任ではない。

われわれは過去十年にもわたり、「原始的」などという状態は存在していないということ、「単純社会」とみなされているものは実際に単純ではないこと、時間から切り離され孤立して存在してきた者などいないこと、ある社会機構がよりんでいたりれていたりすることなどないこと、を説得してきた。だがその成果はほとんどあがっていない。

(…)彼らがまったく別の世界に住んでいると信じられているからである。そして妙なことにそれは、再度、われわれが革命というものを考える時の慣習のせいなのである。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.88]


ISBN:9784753102518

pp.10-1

キリスト教の伝統は、人間の欲望を、救いようのないものとみなしている。われわれの欲望には限りがないが、世界には限りがあるので、われわれは抜本的な相互戦争状態にある……。だがサーリンズが指摘しているように、これは異例である。さらにキリスト教世界においても、人びとがそのように振舞うようになったのは、ごく最近のことなのである。中世キリスト教世界の職人たちは「目標収入」に(のっと)って仕事をしていた。景気がいい時は、単に休日を多くとった。大変いいときは、年の半分を「聖人の日」にした。つまり資本主義が可能になったのは、世界人口の多くが、病理に犯されたように振る舞いはじめてからのことである。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.10-1]


ISBN:9784753102518

p.10

スペインのような国では――あるいは二〇世紀初頭においてはヨーロッパ全体で――(…)社会主義者が労働者のためにより高賃金の獲得を叫んでいたことに対して、アナーキストは労働時間の短縮を求めていた(…)非資本主義的な環境に生きるほとんどの人びとは、経済学者が「目標収入(target incomes)」と呼ぶものを目指して働いている。彼らは市場から何が必要か、それがいつ手に入るかわかっているので、ある時点で仕事をやめ、リラックスし、人生を楽しむことができる。これは経済学者が「非理性的経済行動」とみなす多くの事象の説明ともなる。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 p.10]

ISBN:9784753102518

*1:――ここでコルネリュウス・カストリアディスの定義に従うなら、自らをを構成し、規約あるいは行動理論を集合的につくり、継続的にそれらを再検討するような――

*2:産業革命とフランス革命