Hatena::Groupbook

読書ノート

2019-05-10

pp.38-9

 京都が都になる以前、奈良が平城京として都であった時代(…)国家貢納物の種類は、大雑把にいって、日本海側や西日本の地域からは米などの重い貨物が多かったのに対し、東日本の太平洋側は絹や真綿といった軽い貨物が多いのが特徴で(…)都が京都に遷った後、(…)

若狭((…))以外の北陸地方の各国の貢納物は、海路の場合にはそれぞれの国の港から越前の敦賀((…))へ輸送され、そこから琵琶湖の北岸の町である塩津(しおつ)へ陸送され、琵琶湖の水運を利用して大津へ運ばれ、後は陸路で(…)若狭国からの貢納物は、陸路琵琶湖の西岸の勝野津(かちののつ)へ輸送され、そこから琵琶湖水運を利用して大津へ回漕され(…)東日本から運ばれる貢納物は、主として「東山道」(…)を通り、琵琶湖の東の朝妻(あさづま)(現在の米原市)に集められ、そこから大津へ回漕されたものと思われ(…)

琵琶湖においては大津が物資の集散地として重要な役割を果たしていたように見えます。ちなみに、大津は、(…)天智天皇が、(…)大津京として都と定め(…)天武天皇元年(六七二)に(…)廃絶してからは(…)「古津」と地名を変えていましたが、京都が都となったことで、いわばその外港の役割を果たすことになり、再び大津と改称されました。

[徳仁親王『水運史から世界の水へ』pp.38-9]


ISBN:9784140817728

2019-03-20

pp.240-1

 ハッキリと言っておきたいのは、逆進性があるために消費税は悪税であると断定するのは、まちがっているということだ。

(…)逆進性があるとしても、税収を適切に給付に向ければ格差は小さくなる(…)

 むしろ問われるべきは、(…)その他の税をどのように組み合わせていくのかという点にある。

(…)

 税は社会の公正さへの考え方を映し出す鏡である。(…)そこに政党の思想が表れる。(…)財源論とあるべき社会の姿を各政党が論じ合い、競い合う時代をめざさねばならないのである。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』pp.240-1]

ISBN:9784480071927

2019-03-19

p.203

貧困層と対立する(…)一方で、(…)上層労働者と、旧来型の日本型雇用の労働者たちは、これまで以上に歩調を合わせている。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』p.203]

ISBN:9784480071927


pp.198-212

 「職業の再建」は、「生活の再建」にもつながる。普通の働き方が広がれば、家庭に配慮した生活も可能になるからだ。

(…)

 藤田がいうソーシャルワーク実践*1とは、(…)満たされるべき必要を社会に確定する取り組みである。それが「生活の再建」だといえよう。

(…)それを「どのように満たすのか」は、「職業の再建」にかかっている。(…)

 持続可能な労働条件の実現を求めるだけでなく、職業を通じて社会の再生産に寄与し、自らの存在価値を実感できるような状態。働く者の尊厳が、そのようにして回復されることこそが、「職業の再建」にほかならない。

(…)井手英策のいう(…)

「ベーシック・サービス」*2を実現するための最大の社会的勢力こそが、「職業の再建」の担い手でもある一般労働者*3たちだ。年功賃金が得られない一般労働者たちは、ベーシック・サービスを不可欠とし、なおかつ社会のボリュームゾーンをなす社会階層だからだ。

 だから、「保障の再建」のカギを握るのも、実は一般労働者たちによる労働運動だといっていい。

(…)

 「企業に守られた正社員」から「一般労働者」へと転化している現代日本の(…)労働運動は、(…)「中間団体」の形成を目指すべきである。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』pp.198-212]


ISBN:9784480071927

pp.197-8

 介護をはじめ、多くのサービス業では「職種」が共通している。実はこのことが、労働問題を解決するうえで潜在的に有利な条件となっている。

(…)「保育士の賃金はこのくらいであるべきだ」というように、社会的に広がりのあるものとして労働の問題を考えやすいのである。

(…)つまり、人びとのニードを守ると同時に自分たちの仕事も守る(…)

 最近は旧来型の企業でも、職務を切り出して「限定正社員」として採用することが増えている。そこには、年功賃金を与えなくて済むように、差別された雇用を作り出そうとしている側面もあるが、別の面からみれば、ますます「職種」が見えやすくなっているともいえる。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』pp.197-8]

ISBN:9784480071927

p.188

「属人給」制を放置したまま(…)BIのように定額の金銭給付をすると、賃金が簡単に下がってしまう(…)

 労働規制なき金銭給付が賃金を下落させるということは、労働規制が確立する以前の19世紀イギリスにおける、スピーナムランド制(貧民救済を目的とする現金給付制度)の経験でもすでに明らかになっている。

 また、ほかの社会保障の脆弱さをそのままにして一定額の金銭を給付されても、(…)BIと「低くなった賃金」で暮らせ、ということになるだけで、(…)BIの代わりにほかの社会保障費を削減するなど、もってのほかだ。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』p.188]

ISBN:9784480071927

pp.182-4

「働き方改革」にどれだけ期待できるだろうか。(…)

労働時間の上限規制が(…)厚労省の過労死認定基準を超えている。

(…)年収1075万円以上の「見込み」がある労働者を対象とする(…)労働法適用除外(…)

残業代の支払いが実質的には免除されている(…)裁量労働制の求人を僕(今野)が調べてみたところ、実に70%が最低月給20万円以下だった。

(…)これまで以上の滅私奉公を強い(…)

 賃金が増えないなかで、政府が奨励しているのはなんと「副業」と「借金」である。(…)

日本の奨学金は実質的には「ローン」である(…)(しかも半数以上が利子付き)(…)それが、大手銀行の優良な投資先になっている。

(…)消費者金融の規制が適用されないことを利用し、銀行カードローンがサラ金化し(…)年利が10%を超えることが一般的で、(…)貸付残高はすでに消費者金融のそれを追い抜いており、自己破産も増加に転じている。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』pp.182-4]

ISBN:9784480071927

pp.169-73

 児童養護施設も生活協同組合も、(…)年金制度、医療保険制度、雇用保険制度なども(…)先人たちが仲間とともに、(…)行動してきたその結果(…)

税や保険料が充てられることになった。(…)

 強調しておきたいのは、政治や政策の力によって、(…)ではない、ということだ。政治や政策に先立って、常に(…)人びとが議論し、賛同して行動するなかで、税や保険料を拠出して支える仕組みができてきた。

(…)実践活動や市民の要求が先なのである。(…)

 現在の社会保障、社会福祉制度では、ソーシャルワーカーの実践も、政府や自治体が定めた枠組みに押し込められてしまい、(…)

「お金に換算できること」を中心にニーズを聞き取り、支援体制を構築しているだけである。(…)福祉専門職もソーシャルワーカーも無力化させられている。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』pp.169-73]

ISBN:9784480071927

p.163

 家計管理を徹底すれば子育て世帯の支出は抑えられるといった主張が一部でなされ、ファイナンシャルプランナーなどが助言や指導に奔走している。

 だが、問題の本質は(…)恒常的な収入不足であり、その範囲を超える必要や需要の拡大である。節約や自助努力では解決しがたいのであり、公的な支出を拡大することでしか改善できない場合が多いのである。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』p.163]

ISBN:9784480071927

pp.151-67

 近年では社会保障費の削減傾向が続くなか、優先順位が低いと行政に見なされた場合、(…)それが支給されないということが起きている。(…)

選別主義を全面的に採用しており、(…)社会福祉を狭く捉えることが(…)

支配的な規範意識であり、一般的な見方なのだ。(…)

 自民党が「日本型福祉社会」(自由民主党「研修叢書8 日本型福祉社会」1979)を掲げた際にも、(…)

福祉国家を社会病理として捉え(…)甘えて堕落した市民が生み出されかねないと(…)

税や保険料を低く抑えることが優先され、再分配機能が弱いことのメリットが強調されていた。(…)

 景気が低迷して以降は、(…)市場を適切にコントロールしようとせず、再分配機能を強化しないまま現在に至っているのだから、人びとの苦しい生活は、人為的に作られたものだといっても過言ではない。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』pp.151-67]

ISBN:9784480071927

pp.130-1

戦争が終息した19世紀になると、軍事費が抑えられ、財政規模全体は緊縮されながらも、生活ニーズの提供範囲は次第に広げられていった。

(…)だれから税を集めるのかを決め、実行する組織がもとめられ(…)議会や官僚組織がととのえられていくようになった。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』pp.130-1]

ISBN:9784480071927

pp.126-8

 もともと「くらしの場」と「しごとの場」とは、同じ場所をさしていた。(…)

「経済の時代」になると、「はたらく場」で手にした賃金が、生きるため、暮らすための手段となる。(…)

「場」が二つに分離したことによって、「共通で社会的なニーズ」をあたかも「私的で個人的なニーズ」のように(…)

「欲望充足」と「必要充足」の双方を(…)

賃金によって、自助努力でみたすようになった(…)

 ニーズが個人化され、それが賃金によってみたされる。これを「ニーズの市場経済化」とよんでおけば、この市場経済化は、当然だが、人間の共同行為を弱らせることとなる。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』pp.126-8]

ISBN:9784480071927

*1:pp.169-

*2:pp.141-

*3:「非正規雇用でフルタイムで働き、生活費を自分で賄っている労働者」「正社員でありながら、比較的単純な労働に長時間従事させられて使いつぶされる、ブラック企業の社員」「これまでの終身雇用・年功賃金の正社員や、主婦やアルバイトからなる非正規というカテゴリーには含まれない」「個別の企業にとらわれていない」「日本の労働者の中核をなしている」(p.181)