Hatena::Groupbook

読書ノート

2018-12-24

pp.295-6

資本主義経済の(…)矛盾を糊塗するのが、民主主義と自由主義は普遍の理念であり、その理念を採り入れることは世界全体の発展に繋がるという一つのイデオロギーである。(…)その正しい理念を世界に普及させ(…)その教化を通じて自国に有利な覇権を目指していた(…)

アメリカの歴史を形づくった理念としての民主主義、自由主義はアングロサクソンとしてのものであり、原住民(…)黒人(…)ヒスパニックやアジア人も含めた少数民族に対する(…)「隔離すれば差別も生まれない」という論調が大手を振って唱えられる

[根本正一『民主主義とホロコースト――ワイマール/ナチ時代のホワイトカラー』pp.295-6]

  • twitter:954845768120070144:tree

ISBN:9784768458334