Hatena::Groupbook

読書ノート

2018-12-24

pp.285-6

戦争の前線と違ってドイツ人兵士にとって、ここ(アウシュビッツ)は絶対に殺されることのない安全な場所だった。

[根本正一『民主主義とホロコースト――ワイマール/ナチ時代のホワイトカラー』pp.285-6]

ISBN:9784768458334