Hatena::Groupbook

読書ノート

2018-01-15

p.252

太平洋軍司令官は昔から植民地総督のような存在(略)最もましなときでも外交政策と軍事政策の境界線を曖昧にしてしまい、最悪の場合は両方の政策をぶち壊しにしてしまう傾向があった。誰が司令官になろうが、それは変わらなかった。これは太平洋軍司令官という役職にずっとつきまとっている問題だろう」(『ライス回顧録』集英社

[矢部宏治『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』p.252]

ISBN:9784062884396

pp.240-4

ポツダム宣言には、占領の目的が達成されたら「占領軍はただちに撤退する」と明確に書かれている(…)大西洋憲章以来の「領土不拡大」という大原則にもとづく条項なので、マッカーサーといえども、それを根拠なく撤回することはできません。

 一方、アメリカの軍部は、日本に基地を置き続ける保証がない限り、平和条約を結んで日本を独立させることには絶対に賛成しない。

(…)ダレスがすばやく考えだし、マッカーサーに教えた基本方針が、(…)「国連憲章の43条と106条を使ってクリアする」(「6・30メモ」)

 というもの(…)

 国連憲章43条というのは、結局は実現しなかった「正規の国連軍」についての、もっとも重要な条文です。(…)

 一方、106条というのは、そうした国連軍が実際にできるまでのあいだ、安保理の常任理事国である五大国は、必要な軍事行動を国連に代わって行っていいという「暫定(ざんてい)条項」です。(…)

 つまり、「国連加盟国は、国連軍に基地を提供する義務を持つ」という43条を、106条という暫定条項を使って読みかえることで、日本は国連軍ができるまでのあいだ、「国連の代表国としてのアメリカ」に対して基地を提供することができるというのです。

(…)国連憲章43条が加盟国に(…)基地などの便益(ファシリティーズ)だけではなく、兵力(アームド・フォーシズ)援助(アシスタンス)の提供も同じく義務づけているので、最終的にアメリカは日本に対して、あらゆる軍事的な支援や兵力を提供させて、それを米軍の指揮のもとに使う法的権利を持っているということになります。

[矢部宏治『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』pp.240-4]

ISBN:9784062884396

pp.239-40

 とにかくアメリカでは国務省の官僚だけでなく、大統領から将軍たちまでがつねに「法的正統性」についての議論をしています。もちろんそれは「法的公平性」の意味ではなく(…)

 他国の人間を二四時間、銃を突き付けて支配することはできない。けれども「国際法→条約→国内法」という法体系でしばっておけば、自分たちは何もしなくても、その国の警察や検察が、都合の悪い人間を勝手に逮捕してくれるので、アメリカはコストゼロで他国を支配できる。戦後世界においては、軍事力ではなく、国際法こそが最大の武器だというわけです。

[矢部宏治『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』pp.239-40]


ISBN:9784062884396

pp.196-209

「戦時に米軍司令官が日本軍を指揮する権利」というのは、(…)旧安保条約の草案にすでに条文として書かれていたもので、その後もずっと交渉のなかで要求し続けていたものでした。

 しかし、日本国民の目にみえるかたちで正式に条文化することはついにできず、結局独立後に(…)密約を結ぶことになったのです。

(…)

 旧安保条約と同じく「吉田・アチソン交換公文」もまた、事前には日本国民にいっさいその内容が知らされない「事実上の密約」として結ばれた(…)

占領を終えるにあたって、米軍の駐留継続(旧安保条約)や、米軍への軍事支援の継続(吉田・アチソン交換公文)を交換条件とすることは、ポツダム宣言にも国連憲章にも違反する(…)日本が、あくまで自由な意志に従ってそれらの取り決めを結ぶというフィクションが、アメリカ側の交渉責任者であるダレスによって作られ(…)

 その後の日米交渉のなかで、この取り決めはさらに改悪され、「朝鮮」という地域的な限定も、「国連」という国際法上の限定も、ほとんどなくなってしまいました。

 その結果、現在に至るまで日本は、米軍への戦争協力を条約で義務づけられた世界で唯一の国となっているのです。

(…)

 米軍自身が書いた旧安保条約の「原案」(一九五〇年一〇月二七日案)(…)

の「第14条 日本軍(ジャパニーズ・アームド・フォーシズ)」という箇所(…)には一九五二年から、二〇一五年の安保関連法の成立にまで至る、六三年間の日米の軍事的関係の歴史が、すべて予言されているのです。

(1)「この協定〔=旧安保条約〕が有効なあいだは、日本政府は陸軍・海軍・空軍は創設しない。ただしそれらの軍隊の兵力や種類、編成、装備など、あらゆる点についてアメリカ政府の助言と同意があり、またその創設計画がアメリカ政府の決定に従う場合はその例外とする

(2)「戦争の脅威が生じたと米軍司令部が判断したときは、すべての日本の軍隊は、アメリカ政府によって任命された最高司令官の指揮のもとに置かれる

(3)「日本軍が創設された場合、日本国外で戦闘行動を行うことはできない。ただし前節の〔アメリカ政府が任命した〕最高司令官の指揮による場合はその例外とする

(以上、同14条の第3節から第5節の要約。(…)http://history.state.gov/historicaldocuments/frus.1950v06/pg_134100

[矢部宏治『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』pp.196-209]

ISBN:9784062884396

p.190

どうしてもわからなかったのは、

「なぜ日本だけが、そこまでひどい状態になってしまったのか」

ということでした。

「戦争で負けたから」という答えは明らかな間違いです。

 世界中に戦争で負けた国はたくさんある。けれども現在の日本ほど、二一世紀の地球上で、他国と屈辱的な従属関係を結んでいる国はどこにも存在しないからです。

[矢部宏治『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』p.190]

ISBN:9784062884396