Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-12-15

pp.111-3

 ギャンブルでは負けが込んでいる状態から一転して勝利するときこそもっとも依存度が高まりやすく、危険だといわれています。これを心理学では「間延びした強化」といいます。

(…)運しか必要ないのであればおそらく人はそれほど賭け事にハマらないでしょう。自分の努力次第で勝率が上がるから、人は夢中になるのです。

[斉藤章佳『男が痴漢になる理由』pp.111-3]


ISBN:9784781615714