Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-05-15

p.199

近代日本が要請し、過去に投影した女性統治者像(…)ヒミコ像は、確固たるイメージとして定着し、現在も古代史の学説として重要な位置をしめ、女帝「巫女」説の源流でありつづけている。

[義江明子『つくられた卑弥呼─<女>の創出と国家』p.199]

ISBN:9784480062284

p.198

「倭女王」卑弥呼と神功「皇后」を同列に置いているところにも、「皇后」を〝君主〟と見なす『日本書紀』の編者の意識がうかがえる。

[義江明子『つくられた卑弥呼─<女>の創出と国家』p.198]

ISBN:9784480062284

pp.195-6

白鳥(庫吉)の論は、こうしたヒミコ像転換の背景がどこにあるかを語って、余すところがない。

(…)白鳥説がでるまでは、『魏志』倭人伝のヒミコを「生涯を神に捧げた巫女」とみる〝読み〟は、まだ成立していなかったのだ。白鳥説によって、ヒミコであろうはずがないとされた「軍国の政務を親ら裁断する俗界に於ける英略勇武の君主」像とは、まさに明治四十年代における明治天皇のイメージそのものではないか。

 また、

「男尊女卑は我が古俗なり」「夫婦の制が判然と確立」していることも、明治の皇室典範制定に際して、女帝否定論者によって繰り返し我が国の〝伝統〟として持ち出されたことであった。それ故に、現実に存在した過去の女帝たちは、政府による公的な解釈では「中継ぎ」であったとされ、古代史の学問上では、さらにそれに加えて彼女たちの本質は「巫女」だとする説が、しきりに唱えられるようになるのである。

(…)ヒミコと切り離された神功皇后のイメージにも、微妙で大きな変化があった。神功皇后伝説は、近世を通じて安産の守り神や疱瘡(ほうそう)除け等の民衆の信仰と結びつきながら、(…)国権拡張のシンボルとして紙幣の図柄ともなり、さまざまな神功皇后像が描かれた。しかし、その全盛期は、幕末・維新から明治二十年代半ばまでであって、日清・日露以後さ衰退するという*1。日清・日露以後といえば、内藤・白鳥説が出たのと同じ頃である。

[義江明子『つくられた卑弥呼─<女>の創出と国家』pp.195-6(括弧内引用者)]

  • Hokkaido University of Education Repository: 相撲における「女人禁制の伝統」について

ISBN:9784480062284

pp.188-90

描かれているのは、

① 神の言葉をきく力をもつ
② 武装して軍隊を率い、戦の先頭に立つ
③ 征服によって支配領域を広げ、国を富ます
④ 妻であり、母となった女性

である。『日本書紀』の編者は、こうした女性像を『魏志』倭人伝のヒミコと重ねあわせることに何のためらいも持たなかったのだ。

(…)①~④のうち、①②③は、(…)男女の王に共通する資格・行動である。(…)王朝との外交交渉も、(…)当然、王としてのヒミコが率先してなすべき事柄であった。(…)

 こうした女性像は、中世・近世にいたるまで基本的には変わらない。それが劇的に変わるのは、近代も一九一〇年代になってからのことである。

[義江明子『つくられた卑弥呼─<女>の創出と国家』pp.188-90]

ISBN:9784480062284

p.167

孝謙(即位前は阿倍内親王(あへのひめみこ)=称徳には和風諡号はなく、淳仁に譲位した時に百官が奉った中国風の尊号は「宝字称徳孝謙皇帝(ほうじしょうとくこうけんこうてい)」である。

[義江明子『つくられた卑弥呼─<女>の創出と国家』p.167]

ISBN:9784480062284

p.161

転換点に立っているとの自覚をもって過去の歴史を振り返った時代、それが推古の時代だった。

[義江明子『つくられた卑弥呼─<女>の創出と国家』p.161]

ISBN:9784480062284

*1(若桑みどり「明治近代国家形成期における「女性神格」の創造」)