Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-05-14

pp.150-2

七世紀末~八世紀初に、全国的制度としての戸籍が確立する。(…)そこでは公民身分の女性は、例外なく、一律に「**メ(女・売)」の名で登録されている。(…)

 ところが、同じ奈良時代作成の公的台帳であっても、「陸奥国戸口損益帳(むつのくにここうそんえきちょう)」とよばれているものをみると、そこでは、十名ほどの女性名の全てに「メ」がない。女性名に「メ」をつけるか否かは、その資料の性格と作成者(役人)の作成方針の違いであって、(…)戸籍の女性名から「メ」を取り除いてみれば、(…)戸籍上の男性名と共通する名称が少なくない。実態としては男女共通の名前であったものに、戸籍上で女=「メ」を付したと推定できるのである。

 戸籍は、中央集権支配を可能にする、租税徴収・兵士徴発のための基礎台帳である。(…)律令制以前には、部民制支配のしくみを通じて(…)男女を交えた集団労働が行われ、その成果も集団的に貢納されるので(…)男女個々人を厳格に台帳上で識別する必要は生じなかったろう。

 しかし、律令租税制のもとでは、納入の窓口はあくまでも一人一人の〝男〟である。奴婢についても、男女で法制上の扱いは異なり、戸籍上の婢の名前にはすべて「メ」がついている。(…)戸籍は、七世紀末の全国的な徴兵制度施行にともない、まずはそのための台帳として作成された。それまでは、戦いの場に女がいることは特別のことではなかった(関口裕子「日本古代の戦争と女性」)が、律令制以後は〝兵士=男〟が制度として定まり、(…)戸籍上で名前に「メ」を持つ人間は、兵士となりえない者=〝女〟であり、名前に「メ」を持たない人間は、兵士となるべき者=〝男〟という区分が、ここに明確に設定されたのである。

[義江明子『つくられた卑弥呼─<女>の創出と国家』pp.150-2]

ISBN:9784480062284

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/xyn9/20170514