Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-05-13

p.086

当時の中国社会は、すでに徹底した男尊女卑・父系の社会だった。(…)「女には夫は何人いるか?」という質問を発することは、思いもよらなかったはずである。国家の造籍方針からはずれた婚姻関係・親子関係が、戸籍上では〝見えない〟のと同様に、男中心社会の見方に慣れた中国史家の手になる倭人伝では、男の側から見た「多妻」は書きとどめられているが、女にもあり得たかもしれない〝多夫〟の現実は、全く〝見えない〟ものとなっているのである。

[義江明子『つくられた卑弥呼─<女>の創出と国家』p.086]

ISBN:9784480062284

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/xyn9/20170513