Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-05-13

p.081

書物からわかる日本古代の婚姻は、妻問(つまとい)婚といわれるものである。ツマというのは、一対の片方をさす言葉で、男からみた妻もツマ、女からみた夫もツマである(この用法は、現在でも短歌の世界には残っている

[義江明子『つくられた卑弥呼─<女>の創出と国家』p.081]

ISBN:9784480062284

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/xyn9/20170513