Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-05-13

pp.067-8

『魏志』には、「会同」の用例が八例あり、政治的会合、皇帝と臣下の宴会などをさしている。

そのうちの三例が東夷伝にあり、(…)

倭人伝では、「会同」の場に女も男と全く同様に参加し、「父子」の間でも、「男女」の間でも、そこでの着席順や行動のしかたに違いがないという。(…)中国の史書編纂者にとって、女も参加する倭人社会の集会は強い印象があったのだろう。高句麗伝に「男女」の字句がないのは、そうした政治的儀礼的場に男だけが参加するのは、中国史家にとっては当たり前なので書かれないのである。

[義江明子『つくられた卑弥呼─<女>の創出と国家』pp.067-8]

ISBN:9784480062284

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/xyn9/20170513