Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-04-26

pp.58-9

 女帝の規定は、興味深い問題をふくむ。一つは「女帝」の表記(…)

もう一つは、日本の律令は、女性に「男性とは関係ない独自の地位」を規定していることである。たとえば位階も、夫に関係なく、女性独自に授与され、三位以上の貴族に付される「家」(家政機関)も、女性は独自にもつ*1

(…)中国では、皇帝と皇后は一体であり、皇后の宮や役所を独立には置かないが、日本では、天皇と皇后はそれぞれ独立のものとして、皇后の宮や役所が、独立に置かれる*2

 「皇太子」の地位は、唐の律令より低い。(…)唐の律令では皇太子が皇后の上位にあるが、日本律令では逆に皇后が皇太子の上位にある*3

[吉田孝『歴史のなかの天皇』pp.58-9]


ISBN:9784004309871

*1(たとえば、長屋(ながや)王家(おうけ)とその妻の吉備(きび)内親王家(ないしんのうけ)は、別々に並立していることが木簡(もっかん)で知られる)

*2(皇子などもそれぞれ独立の宮をもつ)

*3(職員令の配列、公式令平出(へいしゅつ)条など)