Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-04-26

pp.56-7

 まず律令全体の特色として、中国では、実際に王朝(君主の血統)の交替が何度もあったから、律令もまた、それをやむをえないものとしてつくられているのに対して、日本律令は、王朝交替はないものとしている。それは中国の正史(せいし)((…))が、王朝の交替を前提としているのに対して、日本の「記紀」が王朝交替はないものとしているのと共通する。(…)

 唐律はきわめて高度な体系的な法典であった*1。したがって日本律令を制定するさい、大幅に書き変えることはむずかしく、唐律をほとんどそのまま継承し、(…)

「天皇」を加えた(…)

 皇族についての規定で、まず注目されるのは、太上(だいじょう)天皇」と「女帝(じょてい)」についての規定新しく付加していることである。

[吉田孝『歴史のなかの天皇』pp.56-7]

ISBN:9784004309871

*1(よくローマ法と対比される)