Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-02-25

pp.115-6

ヘーゲルが最も重視した解決策は、職業団体の活用であった。(…)

近代的職業団体の構成員は、国家によって(…)個人の自由と自律性を確保したまま、(…)国家(ステイト)の下で「ネイション」という共同体に再統合されるのであるが、個人と国家のに介在する中間組織が、この職業団体なのである。

 この職業団体という解決法は、(…)財政金融政策より根本的な解決策であるように思える。

[中野剛志「ヘーゲルの処方箋 中国経済の問題をどう解決するか」『反官反民 中野剛志評論集』pp.115-6]

ISBN:9784864880015

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/xyn9/20170225