Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-02-25

p.113

ヘーゲルは、過剰生産と疎外は、個人の頽廃の「結果」であるだけでなく、「原因」でもあると論じている。近代市場システムの中にあって(…)認められたいがために、経済的成功を求めてしゃにむに働く。しかし、(…)本質的に利己的なものであるからして、(…)社会的に真の意味で認知され、評価されることはあり得ない。そこで、(…)社会的認知を求めて、さらに経済的成功を目指して突き進むという悪循環に陥ってしまう。(…)過剰生産はさらに促され、疎外の問題はいっそう深刻化するのである。

[中野剛志「ヘーゲルの処方箋 中国経済の問題をどう解決するか」『反官反民 中野剛志評論集』p.113]


ISBN:9784864880015