Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-02-25

pp.111-3

前近代社会であれば、個人の解放は単なる秩序の破壊でしかなかったであろう。しかし、近代社会あるいは「市民社会」においては、(…)秩序と個人の自由が両立するようになっている。(…)

近代の貧困は、単なる経済的な困窮ではなく、大規模な近代市場システムの中にいるがために、自分が共同体の一員であり、他者から認知されているという実感をも喪失してしまう状態、いわゆる「疎外」である。この孤立し、疎外された個人の集まりが大衆となって、やがては暴徒と化し、秩序を破壊するに至る。

[中野剛志「ヘーゲルの処方箋 中国経済の問題をどう解決するか」『反官反民 中野剛志評論集』pp.111-3]


ISBN:9784864880015