Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-02-25

pp.115-6

ヘーゲルが最も重視した解決策は、職業団体の活用であった。(…)

近代的職業団体の構成員は、国家によって(…)個人の自由と自律性を確保したまま、(…)国家(ステイト)の下で「ネイション」という共同体に再統合されるのであるが、個人と国家のに介在する中間組織が、この職業団体なのである。

 この職業団体という解決法は、(…)財政金融政策より根本的な解決策であるように思える。

[中野剛志「ヘーゲルの処方箋 中国経済の問題をどう解決するか」『反官反民 中野剛志評論集』pp.115-6]

ISBN:9784864880015

p.113

ヘーゲルは、過剰生産と疎外は、個人の頽廃の「結果」であるだけでなく、「原因」でもあると論じている。近代市場システムの中にあって(…)認められたいがために、経済的成功を求めてしゃにむに働く。しかし、(…)本質的に利己的なものであるからして、(…)社会的に真の意味で認知され、評価されることはあり得ない。そこで、(…)社会的認知を求めて、さらに経済的成功を目指して突き進むという悪循環に陥ってしまう。(…)過剰生産はさらに促され、疎外の問題はいっそう深刻化するのである。

[中野剛志「ヘーゲルの処方箋 中国経済の問題をどう解決するか」『反官反民 中野剛志評論集』p.113]


ISBN:9784864880015

pp.111-3

前近代社会であれば、個人の解放は単なる秩序の破壊でしかなかったであろう。しかし、近代社会あるいは「市民社会」においては、(…)秩序と個人の自由が両立するようになっている。(…)

近代の貧困は、単なる経済的な困窮ではなく、大規模な近代市場システムの中にいるがために、自分が共同体の一員であり、他者から認知されているという実感をも喪失してしまう状態、いわゆる「疎外」である。この孤立し、疎外された個人の集まりが大衆となって、やがては暴徒と化し、秩序を破壊するに至る。

[中野剛志「ヘーゲルの処方箋 中国経済の問題をどう解決するか」『反官反民 中野剛志評論集』pp.111-3]


ISBN:9784864880015