Hatena::Groupbook

読書ノート

2017-02-22

pp.145-6

サパティスタの権力奪取という思想の拒絶と、それに代わる民主主義的自己組織化のモデルを創造することでメキシコ全土を刺激していこうとする試みから、これは始まった。(…)アルゼンチン経済の崩壊と強力な大衆的蜂起が、再びひとつの政治家のグループを別のグループに挿げ替えることで解決を図ろうとする思想そのものの拒絶を体現した。(…)彼らが新しい政治の代わりに創造したのは、(…)代案的(オルタナティヴ)な制度の広大な網状組織(ネットワーク)であった。簡単に言って、それらは「直接民主主義」というテーマの無限のヴァリエーションだったのだ。

[デヴィッド・グレーバー『アナーキスト人類学のための断章』高祖岩三郎訳 pp.145-6]


ISBN:9784753102518