Hatena::Groupbook

読書ノート

2016-08-21

pp.136-7

「五世の王」は男女いずれにせよ、「何々王」と名乗ることは許されるが、すでに「皇族の範囲にはふくめない」とされていた。

(…)

 斉明三年当時、天武天皇は斉明天皇の子であるから一世王、持統天皇は一世王たる天智天皇の娘であるから二世の女王ということになる。

[遠山美都男『天智と持統』pp.136-7]


ISBN:9784062880770