Hatena::Groupbook

読書ノート

2015-12-15

p.203

市民社会の形成によって個人になり孤立した人々を国民国家が管理し、その人たちを使いやすい労働力として利用しながら発展をとげてきたのが、資本主義というシステムである。

[内山節『戦争という仕事』p.203]


ISBN:9784784070329