Hatena::Groupbook

読書ノート

2015-12-09

p.44

そのような状況*1になればなるほど、政治家の能力としては、デマゴーグとしての能力が重要になる。(…)政治から利益を得ようとする人々は、このデマゴーグについてゆく。派手な政治を打ち上げることによって民衆の支持を集め、しかし実際には政治の目的を持たずに、自己の権力を維持することを無責任*2に腐心しつづけている。それがデマゴーグである。

(…)大衆に迎合しているのではなく、民衆の情緒を引きつけて権力を維持しようとしている(…)彼へのレッテルは、ポピュリストよりもデマゴーグのほうが適当である。

[内山節『戦争という仕事』p.44]


ISBN:9784784070329

*1:「誰もが、自分の都合の部分でしか政治に関わらず、それなのに政治全体は変化していく」

*2:p.50-